2725 2018/11/10アラカルト①

ma
クローズアップ現代を、見た後、香山リカのツイッターで、余命ブログ更新をしりました。
なんとまぁ。
以下香山リカ
余命さんが10時からのクロ現放送を前に1ヶ月ぶりにブログを更新。
「本日、10月29日に神原元弁護士をはじめとする3名に対し、民事損害賠償請求を横浜地裁におこした。
訴額は半端な額だが72000万円(7億2000万円)である。」
ジッジさん(70代)こわれたんだ

.....香山の歳(60代?)になると5桁以上の数字は理解ができないんだな。

 

ななし
たまたまクロ現見ていたら余命ブログ出ててびっくり。正直、初代が亡くなってからは当ブログを訪れる機会もめっきり減ったわけだけど、相変わらず愛国者憎しの報道姿勢には辟易しますな。
まー最初からまともな番組作りは期待してなかったけど。
とはいえネットリテラシー低い人は影響をもろに受けやすいので気を付けてほしいもんだ。

 

日本お父ちゃん
余命翁、お帰りなさい。久しぶりの日本お父ちゃんです。事務方の皆様も、大変にお疲れ様です。これで、ヤキモキしながら更新を待つ必要が無くなります。拙者も、小さい事ではありますが、自身に出来ることを直押しに努力して参ります。
余命翁も、これから一段と寒さが身に染みる季節になるので、くれぐれもご自愛下さい。そして、諸兄諸姉。お互いに頑張りましょう。     草々

 

アケビール
余命さんがwwを使ってるw
ところで、日韓断交ならば、有事?になるのでしょうか。一旦断交したらそれはもう平時扱い?
つうか、あの朝鮮工裁判の判決に賛同してる日本の弁護士とやら、、ふつうに外患誘致ほにゃららなのでは?
まあ日韓共同して「被害者」を「募集」するあたり、お察し案件といいますか…。
それにしても被害者を募集てwww
依頼を受けたからじゃなくて、
「やりまっせー被害者いませんかー?」てアホすぎてアホすぎるw

.....国際法上の定義では国交断絶は戦争ではない。しかし、歴史上、そのような関係に陥った場合には必ず戦争になっているから、国交断絶(断交)=戦争と考えてもまちがいではない。日清戦争、日露戦争、日米太平洋戦争もそうである。真珠湾攻撃は具体的、物理的にあきらかな戦争状態となっただけの話である。したがって断交状態となれば宣戦布告など無意味となる。
在日朝鮮人の場合は、まず断交となれば在韓邦人が確実に犠牲となる。4万人程度と言われているが、現状、有事での自衛隊の邦人救出行為まで拒否している韓国政府では完全に暴徒化した国民を抑えることは不可能だ。メディアも当然開戦をあおるだろうから日韓戦争は不可避だな。あとは自衛隊のシナリオとおりとなる。
有事となれば、帰化人や座日の永住許可などはすべて反古となる。クリミアの戦訓にあるように、何万という大量の犠牲が出ようとも、それを報ずるものがいなければまさに平和である。天安門事件の犠牲者はゼロだとNHKが報道し、クリミアの犠牲者は20万人とも30万人ともいわれているがまったくメディアは沈黙している。
日本では、有事における対応が通名という在日独自の隠れ蓑と言論の自由を標榜する反日日本人の処理の方針がまとまらず、国民の覚醒と判断待ちであったが、ここに来てようやく、嫌韓から断交へと国民感情が変わってきた。今の流れでは反日勢力は売国奴、あるいは敵性日本人として処理されよう。もちろん反日弁護士も例外ではない。
今般、徴用工問題で韓国と共闘する弁護士がいるが、この中には金竜介をはじめとする在日コリアン弁護士協会の弁護士や懲戒請求人種差別訴訟の代理人が多数含まれている。日韓断交は安部シナリオの最終章である。
どうだぬき
余命様、スタッフの皆様、960人の会の皆皆様、日本再生に御尽力頂感謝申し上げます。
日本を貶めた元朝日新聞記者、植村隆の面白い記事がありました。
===============
2018.11.9 16:13 産経
元朝日新聞記者、植村隆氏の請求棄却 札幌地裁
慰安婦をめぐる名誉毀損訴訟の判決後、原告敗訴で「不当判決」の紙を持つ原告弁護団関係者=9日午後、札幌市(杉浦美香撮影)
元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった植村隆氏が、記事を「捏造」と断定され名誉を傷つけられたとしてジャーナリストの櫻井よしこ氏や出版社3社に損害賠償や謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の判決で、札幌地裁は9日、植村氏の請求を棄却した。
==================
控訴したそうです。

.....北海道、札幌といえば赤の大地だが共産党も色あせてきましたな。

 

働くバブル男
皆様もうご存知でしょうが、いわゆる徴用工問題にからみ、日韓の弁護士の先生たちが壮絶にやらかしてます。弁護士とは外国勢力に不当に日本のお金を吸い上げるために存在するのでしょうか? まともな弁護士は声を上げないのですか?
この件で韓国側に協力する日本の弁護士は正しく懲戒請求の対象でしょう。
【ソウル聯合ニュース】日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者のために韓国と日本の市民団体が共同で弁護団を構成する。韓国の市民団体「民族問題研究所」などが7日、ソウルの植民地歴史博物館で記者会見を開いて発表した。
会見には「太平洋戦争被害者補償推進協議会」、日本の市民団体「日本製鉄元徴用工裁判を支援する会」なども参加した。
これらの団体は弁護士約20人で弁護団を構成し、年内に新日鉄住金(旧・新日本製鉄)を相手に損害賠償訴訟を起こす被害者を募集する計画だ。
民族問題研究所関係者は「2001~03年の調査で被害者180人余りを確認したが、このうち生きていて、裁判の意思が強い方がこれまでに訴訟を起こした」とし、「今後、他の被害者の方に連絡してこのような状況を説明し、訴訟を進める計画」と話した。
また弁護団を構成する理由について、「1億ウォン(1000万円)の賠償を命じる大法院(最高裁)の判決が出たのに加え、過去に(日本企業から)金を受け取るからと説得して被害者から裁判の着手金を受け取ったケースがあったため、似たような被害が懸念される」と説明した。
民族問題研究所などは被害の証明が可能な人などを対象に今後の手続きなどを案内する説明会を開く予定だ。
ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48825225.html

 

YAMAZAKI
反日左翼弁護士達(在日コリアン弁護士を含む)は、なぜこうまでして韓国を擁護するのか?
徴用工(事実は徴用工ではないが)に関しては、出稼ぎであるという証拠もあり、捏造だと比較的広く知られてるのに。
日本政府は本気で争う姿勢を見せ、国際社会でも韓国に対する批判が出ている。
日本の一部TVですら、韓国を批判してる上に、韓国の中でも無理筋という意見も出始めてるくらい日本が有利な状況である。
朝鮮学校への補助金支給声明が、TVを巻き込んで社会的に問題化してる今、何故こうまでして、長々と無理なこじつけまでして地雷を踏むのか?
このような声明を出して、彼らにどんなメリットがあるのか?
韓国政府や在日コリアンから相当の資金がこれら弁護士に出ているのか?
どなたか理由ご存じであれば、教えて下さい。

 

東北仁
余命様、PTの皆様、有志の皆様、大変お疲れ様です。
余命様の元、960人の会会長五十六パパこと津崎様、選定当事者の皆様方、最前線でお骨折り頂いている皆々様方に只々感謝申し上げます。
既にどなたかが情報を寄せていると思いますが、嶋崎量弁護士が提訴準備が完了したとTwitterで発信していました。佐々木亮弁護士がリツイートしておりました!
因みに把握済のようですが、稲田さと子(悪魔の提唱者)があちこちに出没して必死になって火付けに勤しんでいるようですね(笑)
声明を出した呼びかけ人・弁護士等の方々の名簿を見ると、明らかに非日本人と思われる名前が多々見受けられますね。他の方々の中にも通名の方がおられるのではと、疑いたくなるような声明への賛同者の方達ですね!
「正義は法をのりこえネット」などと、迷言?をTwitterで発信された神原元弁護士。
とんでもない判決を出した韓国大法院・朝鮮人とマインドが同じに思います。
それとも武蔵小杉の同僚から、思考・価値観が感染したのでしょうか!
時節を弁えず、少々ぱよぱよ日記さんばりに脱線してしまい、大変失礼いたしました。
余命様、皆々様方、くれぐれも御身大切にお過ごし下さい。

 

東北仁
余命様、PTの皆様、有志の皆様、大変お疲れ様です。
余命様の元、960人の会会長五十六パパこと津崎様、選定当事者の皆様方、最前線でお骨折り頂いている皆々様方に只々感謝申し上げます。
既にどなたかが情報を寄せていると思いますが、嶋崎量弁護士が提訴準備が完了したとTwitterで発信していました。佐々木亮弁護士がリツイートしておりました!
因みに把握済のようですが、稲田さと子(悪魔の提唱者)があちこちに出没して必死になって火付けに勤しんでいるようですね(笑)
声明を出した呼びかけ人・弁護士等の方々の名簿を見ると、明らかに非日本人と思われる名前が多々見受けられますね。他の方々の中にも通名の方がおられるのではと、疑いたくなるような声明への賛同者の方達ですね!
「正義は法をのりこえネット」などと、迷言?をTwitterで発信された神原元弁護士。
とんでもない判決を出した韓国大法院・朝鮮人とマインドが同じに思います。
それとも武蔵小杉の同僚から、思考・価値観が感染したのでしょうか!
時節を弁えず、少々ぱよぱよ日記さんばりに脱線してしまい、大変失礼いたしました。
余命様、皆々様方、くれぐれも御身大切にお過ごし下さい。

 

みみこ
私の理解力に問題があったのでしょうか。
私は、この裁判は「人権問題」ではなく、「(強制)徴用」に対する賠償を求めたものだと思っていました。
ですから、そもそも原告が「徴用工ではなかった(募集に応じた労働者)」ということで、訴えそのものが「詐欺」だと思っていました。
日本政府も「個人請求権」を否定しているのではなく、「韓国政府に請求しろ」と言っているのだと理解していました。
韓国政府自体が長いこと「徴用工問題は日韓両国の間では解決済」としていたわけですし。
>自発的に人権侵害の事実と責任を認め、その証として謝罪と賠償を含めて被害者及び社会が受け入れることができるような行動をとることである。
これもさっぱり理解できません。
韓国人が言っているかのような気持ち悪さを感じます。

 

とくめい希望
今年になってにわかに有名になったこの「弁護士懲戒請求」制度とやらではありますが、伊藤某女史の著書『ブラックボックス』ではないが、懲戒審理とやらが日本国民に公開されたことは一切ありませんね。まあ普通ならば、国の官僚の行政内部における審議でさえきちんとのこされている「議事録」かそれと同等の法的な文書が存在せねばならないはずですが、日本の「日弁連」と傘下の各地弁護士会においては、文書は勿論、「可視化動画」で議事録と同様の内容を記録した公的な記録も、そもそもの初めから実在などしないでしょうね?(爆笑)W
というのも、私の場合、10年以上前に弁護士会に別件で懲戒請求した経験があり、ある弁護士会による召還を受けたことがあってたまたま(?)その現実を目撃したのでしたが、「懲戒請求」の審理においては一切、文書の記録である議事録も作成などされておりませんし、いわんや昨今話題の「可視化動画」とやらも撮影されたりしてはおりませんでしたからね?(爆笑)ちなみに、当時の日弁連会長はその後、左翼メディア「金曜日」社(週刊金曜日その他を発行中)にて編集委の地位に収まり、また近年は東京都知事になる、と称して繰り返し立候補しながら落選し、最後にはあの社共両党からも見切りをつけられて「出馬断念」に陥ったことで知られる宇都宮健児氏でしたが…。
上の「審理」の実態を目の当たりにした私は、「これで大丈夫なの?」とその時、私の面前でヨコ一列にテーブルに並んだ3名の弁護士らに思わず問いかけてしまったものです…。しかし、彼らは私の問いかけの意味が分からなかったのでしょうね?、そのままエヘラエヘラと笑い続けて「審理終了」を宣言する、とそんな経験を私はしたのでした。その瞬間からこちら、私は戦後日本における「弁護士」とやらは、かつてGHQ占領下で歪んだ「行政」が横行した悪弊を今も踏襲しているものか、「不正=メシのタネである」と傲慢にも思い込んでいる集団だと理解して今に至ります。
また同時期、別の弁護士会に所属する弁護士事務所にも相続の法律相談のため訪れたことがありましたが、そこではいわゆる「ニセ弁護士」と疑わざるを得ない人物が「弁護士」として登場し、わけの分からん話をして「相談料」だけせしめる、というトラブルにも見舞われておりました。(爆笑)しかし、その地域を所管する弁護士会に書面にて苦情を申し立てても、そんなトラブルはあっさりともみ消されてしまったのを思い出します。件の人物は自称「○○○○弁護士」とやらでしたが、弁護士バッジもつけておらず、また弁護士としての正規の名刺も渡さないし、「法律相談」の間中、何かのメモを読んでいる、といった状態でしたから、まあ「ニセ弁護士」(日弁連が当時も「活用」を呼びかけていた弁護士事務所の従業員に過ぎない「パラリーガル」と称する被用者か)であったことはほぼ明らかでしょうね。
ただ、上に述べた「弁護士懲戒」制度とやらの「審理」の真相と実態を当時すでに知っていた私は、そのニセ弁護士問題の件は「懲戒請求」せずに日本のメディアに通報するなどして今に至ります…。しかし、右から左まで、日本メディアが過去ひと昔あまりの間、そんな弁護士らによる「組織犯罪」と言うべき不祥事の数々を「報道しない自由」をエンジョイして来たことは言うまでもないでしょう。そして、彼らメディア企業は最近は「不当な懲戒請求ガア~」と称する「報道」になぜか狂奔しているわけですね。(爆笑)
G7各国の中で、こんな組織的犯罪と呼べる行為をウン十年もの間、続けて来たのは、言うまでもなく日本の弁護士くらいでしょう?その意味で、またここでも欧米にバカにされる行為をして日本民族の評価を一手に引き下げる、そんなぶざまな生き様をさらしている日弁連とその所属「弁護士」の存在が明らかになっているわけですが?…今回の余命ブログ関連の巨額訴訟(弁護士が禁じられているはずの暴利追求?)の数々においても、トリオ弁護士らが「不当な懲戒請求があった」と称する根拠が本当に存在するか否か(懲戒の審理が適法であったのか)、それがまずもって問題ですね?しかし、彼らは暴利追求で巨額の金銭を手にする夢を見て目がくらんでいるのでしょう、どう考えましても「懲戒審理」が適法に行われたはずはないのですがね?(爆笑)
いやある!、というのであれば、彼ら弁護士はその文書や証拠の動画を法廷に提出できるはずです。まあしかし、それは不可能、と見ておいても99.999パーセントほど確実でしょうね。(爆笑)かねて私個人が受けていた上の数々の被害の実態についても、日本のメディアはもみ消して来て一般国民にはほとんど知られないようにされて来たものの、そのためお金を奪われて困っていた私がひと昔ほど前、ローン会社への返済遅れから債権回収業者と弁護士により提訴された際、ある簡裁の裁判官にお送りした私からの答弁書なるもので詳しく説明はした所です。その簡易裁判所は私の言い分を認めて下さったらしく、その後は私が「弁護士」らによる「脅迫」等々の被害を受けたりせずに済んではおりますが?(文字通り「良心」に基づいて下された判決)…
NHK、毎日新聞その他といった、表向きは「リベラル」「自由主義」を装う日本のメディア企業は、実はどす黒いアジェンダでも背後に隠しているのでしょう。一般国民を奴隷化しよう、という程度のウラ合意くらいは、彼らメディア企業と宇都宮健児弁護士に代表されるわが国の「弁護士」と「日弁連」の間に存在して来たことはほぼ確実だと私は思います。余命ブログと関係者が今回、標的とされた巨額訴訟も、まずは弁護士会がどのような「懲戒審理」とやらを行ったというのか、その証拠(事後的に捏造した証拠でない、議事録や動画等の証拠)をきちんと「法廷」に提出させることからただして見ることが肝要ではないかと私も思っています。

 

安倍首相応援!
お久しぶりでございました。お元気そうで何よりです。裁判ついでの情報で、最高裁で嘱託事務員募集中ですが(先週の情報)働く時には健康保険はマイナンバーcardでの登録となるとのこと。とうとうかぁと胸温。ま、私は既に持ってますがねふっふっふ。全て生体認証含め、産まれた時から情報をcardにすればいい。奴等はそれがヤバイから情報をわざと流して嫌がらせしてる。
今、周り(部屋周り、特に上階)でも相当焦ってるようで(笑)面白い状態です。私は分からないけど、アチラさんらは「なにかが」あるんでしょう。アメリカ中間選挙も上院はトランプ政権下だし特亜排除が進みそう。安倍首相と並んで丸2年!しっかりとビッシリと世界を、我が国(日本人は日本を、アメリカ人はアメリカ)を変えていく時間があるわけです!
でも五輪があるからせいぜい来年末までかなと思いますが。実は五輪が終わった後の方がコワイ(饅頭怖い)。元号も変わるし、そういえばこの隙に無くそうという発言がチラホラしてましたが、一々変わるのがアレなら常日頃は皇紀と西暦にすればいい。日本のほうが古くから存在すると一目瞭然ですし。カレンダーも皇紀と西暦並べてればいいんじゃん?と思いますがね。
ちなみに靖国神社暦は元号と皇紀です(裏表紙に元号、下に皇紀と西暦を並べて一年カレンダーが載ってます)。話がずれました。失礼致しました。ご自愛くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA