457 クミトービン殿、こたまま殿へのメッセージ

本稿は447資料クミトービン殿へのメッセージ⑦として出稿したものであるが、いろいろと準備ができてきたので、米国への資料として使いたいと思っている。資料についてネイティブの英文チェックをお願いしたい。

シーモア
きさめに
余命翁様
この度の更新を待ちわびておりました。何事もなかったようですので、とにかく良かったです。反面貴記事の更新に依存しているなと未更新の間強く感じた次第です。どうかお気をつけください。
 私は20数年前にカリフォルニアに在住しており、また今でも兄弟族が暮らしており、これから学校に行く甥や姪がいます。このような教科書がでるということが悔しく、是が非でも止めたいと思い、つたない英語を使って文章を作成いたしましたので以下に記します。

慰安婦というものはそもそも存在しない。
これらは日本を貶めようとしている存在によって巧みに作られ、金銭を得る材料としてそれらを日本のマスコミを使って大々的に広められたのである。
 もともと大日本帝国軍(以下日本軍)は慰安婦の強制連行などしておらず、女衒といわれる人身売買ブローカーと当時貧しかった家庭を利用し、売春婦として組織したものである。当時の売春婦は高額な報酬を得て本国に送金している。
 戦場という特殊な場において身売りされた女性が売春行為をしただけであり、同様のことは第二次世界大戦の日本軍意外にも朝鮮戦争、ベトナム戦争時にも起きており、このような人身売買的な売春環境は21世紀に入っても続いている。
 日本国のみが汚名のレッテルをはられるような事実は日本国を貶める巧妙な罠であり、カリフォルニア州の教科書にこのような虚偽の事実が掲載されることに断固として反対する。
There were no forced Comfort Women by the Japanese military during WW II.
The story was made by people who are willing to bring down Japanese reputation. As well as people who are willing to earn money from this rumor. Regrettably these rumors were surrounded by Japanese newspaper and other media.

Japanese military were not involved in such forces against so called Comfort Women. Those women were deal with prostitution broker who take advantage of poverty. Those women earned large amount of money and sending back to their family / country. They lived and worked under miserable situation of war, similar situation were found during Korean War and Vietnam War. Furthermore such environment is still exist in 21st century era.

We strongly resist to issue textbook which written untrue history of Japan to state of California. Hope more people learn to have knowledge of true side of history.

都民
カリフォルニア州教育委員会にメールする際、以下の日本語とその英訳をご自由にお使い下さい。文法的に間違った部分があれば、修正もよろしくお願いします。

 韓国は、「慰安婦たちは第二次世界大戦中、日本軍に性的奴隷として売春を強要された」と言う。しかし、日本政府はそのような証拠を見出していない。上記の韓国の主張は、元慰安婦たちの口頭陳述のみに基づいている。そして元慰安婦たちの話は、彼女たちが話すたびに話が変わるので、確かな証拠がない。信憑性がないのである。
これに反して、米国陸軍による慰安婦に関する調査書がある。もし慰安婦たちが日本軍による被害者だったなら、彼女たちは、スケジュールが密だったので全ての客を相手にできなくて残念だと文句を言わなかったはずだ!!慰安婦たちは、もっとたくさんお金が欲しかったわけでしょ?詳細は、後に述べる。
South Korea says, ” Comfort women were forced into prostitution as sexual slavery by the Japanese military during the World WarⅡ.” But the Japanese government can’t find any evidence of it. The above Korean assertion is based on only EX-comfort women’s verbal statements. And EX-comfort women’s story doesn’t have any conclusive evidence, as every time they speak, the story differs. It’s unreliable.
On the other hand, we have the report drawn up on comfort women by U.S. Army Forces. If these comfort women had been victims of Japanese military, they wouldn’t have complained of not being able to care for all guests, due to a tight schedule!! They wanted much more money, right? The details will be reported later.

実際何があったのか?大勢の韓国人女性が、売春宿経営者と結びついた韓国人業者により慰安婦として動員された。女性たちのある者は売春婦、またある者は貧しい親により金のために韓国人業者に売られた娘たちだった。これらの業者が用いる誘いの言葉は、多額の金銭と、家族の負債を返済する好機、楽な仕事等というものだった。このような偽りの説明を信じて、多くの女性が海外勤務に応募、2~3百円の前渡し金を受け取った。売春宿の経営者は、軍隊の軒先に売春宿をもってきて儲けを得た。当時の日本は悪徳な韓国人業者を取り締まり、その記事が色々な新聞に掲載されていた。What was happened actually? Many Korean women were mobilized to serve as comfort women by Korean agents connected with brothel owners. Some of the women were prostitutes, and some were daughters sold to those Korean agents for money by poor parents. The inducement used by these agents was plenty of money, an opportunity to pay off the family debts, easy work, and so on. On the basis of these false representations many women enlisted for overseas duty and were rewarded with an advance of a few hundred yen. Many brothel owners opened their business next to military gates, because they could make more money. The then Japanese authorities used to punish the brutal Korean agents, which appeared in the various newspapers.

以下に、インド・ビルマ戦域アメリカ陸軍所属のアメリカ戦時情報局心理作戦班による慰安婦に関する報告書の一部を掲載する。
The following is the official report by Psychological Warfare Team of OFFICE OF WAR INFORMATION Attached to U.S. Army Forces India-Burma Theater;
前書
この報告は、1944年8月10日ごろ、ビルマのミッチナ陥落後の掃討作戦において捕らえられた20名の朝鮮人「慰安婦」と2名の日本の民間人に対する尋問から得た情報に基づくものである。この報告は、これら朝鮮人「慰安婦」を募集するために日本軍が用いた方法、慰安婦の生活および労働の条件、日本軍兵士に対する慰安婦の関係と反応、軍事情勢についての慰安婦の理解程度を示している。
PREFACE
This report is based on the information obtained from the interrogation of twenty Korean “comfort girls” and two Japanese civilians captured around the tenth of August, 1944 in the mopping up operations after the fall of Myitkyina in Burma.The report shows how the Japanese recruited these Korean “comfort girls”, the conditions under which they lived and worked, their relations with and reaction to the Japanese soldier, and their understanding of the military situation.

性 質
 尋問により判明したところでは、平均的な朝鮮人慰安婦は25歳くらいで、無教育、幼稚、気まぐれ、そして、わがままである。慰安婦は、日本的基準から いっても白人的基準からいっても、美人ではない。 とかく自己中心的で、自分のことばかり話したがる。見知らぬ人の前では、もの静かでとりすました態度を見せるが、「女の手練手管を心得ている」。自分の 「職業」が嫌いだといっており、仕事のことについても家族のことについても話したがらない。捕虜としてミッチナやレドのアメリカ兵から親切な扱いを受けたために、アメリカ兵のほうが日本兵よりも人情深いと感じている。慰安婦は中国兵とインド兵を怖がっている。
PERSONALITY
The interrogations show the average Korean “comfort girl” to be about twenty-five years old, uneducated, childish, and selfish. She is not pretty either by Japanese of Caucasian standards. She is inclined to be egotistical and likes to talk about herself. Her attitude in front of strangers is quiet and demure, but she “knows the wiles of a woman.” She claims to dislike her “profession” and would rather not talk either about it or her family. Because of the kind treatment she received as a prisoner from American soldiers at Myitkyina and Ledo, she feels that they are more emotional than Japanese soldiers. She is afraid of Chinese and Indian troops.

生活および労働の環境
ミッチナ駐屯部隊では慰安婦たちは、通常、個室のある二階建ての大規模家屋(普通は学校の校舎)に宿泊していた。それぞれの慰安婦は、そこで寝起きし、業を営んだ。彼女たちは、日本軍から一定の食料を買っていた。ビルマでの彼女たちの暮らしぶりは、ほかの場所と比べれば贅沢ともいえるほどであった。この点はビルマ生活2年目についてとくにいえることであった。食料・物資の配給量は多くなかったが、欲しい物品を購入するお金はたっぷりもらっていたので、彼女たちの 暮らし向きはよかった。彼女たちは、故郷から慰問袋をもらった兵士がくれるいろいろな贈り物に加えて、それを補う衣類、靴、紙巻きタバコ、化粧品を買うことができた。
 彼女たちは、ビルマ滞在中、将兵と一緒にスポーツ行事に参加して楽しく過ごし、また、ピクニック、演奏会、夕食会に出席した。彼女たちは蓄音機をもっていたし、都会では買い物に出かけることが許された
LIVING AND WORKING CONDITIONS
In Myitkyina the girls were usually quartered in a large two story house (usually a school building) with a separate room for each girl. There each girl lived, slept, and transacted business. In Myitkina their food was prepared by and purchased from the “house master”as they received no regular ration from the Japanese Army. They lived in near-luxury in Burma in comparison to other places. This was especially true of their second year in Burma. They lived well because their food and material was not heavily rationed and they had plenty of money with which to purchase desired articles. They were able to buy cloth, shoes, cigarettes, and cosmetics to supplement the many gifts given to them by soldiers who had received “comfort bags” from home.
While in Burma they amused themselves by participating in sports events with both officers and men, and attended picnics, entertainments, and social dinners. They had a phonograph and in the towns they were allowed to go shopping.

優先順位料金等
慰安婦の営業条件は軍によって規制され、慰安所の利用どの高い地域では、規則は厳格に実施された。利用度の高い地域では、軍は料金、利用優先順位、および 特定地域で作戦を実施している各部隊のための利用時間割り当て制を設ける必要があると考えた。尋問によれば普通の料金は次のとおりであった
1.兵 午前10時~午後5時 1.5円20~30分
2.下士官 午後5時~午後9時 3円30分~40分 
3.将校 午後9時~午後12時5円30分~40分
(三食食事付きの家政婦の月収が約13円の時代なので、慰安婦は高給取りであったことがわかる)
PRIOR SYSTEM
The conditions under which they transacted business were regulated by the Army, and in congested areas regulations were strictly enforced. The Army found it necessary in congested areas to install a system of prices, priorities, and schedules for the various units operating in a particular areas. According to interrogations the average system was as follows:
1.Soldiers 10AM to 5PM 1.50yen 20 to 30 minutes
2.NCOs 5PM to 9PM 3.00yen 30 to 40 minutes
3.Officers 9PM to12PM 5.00yen 30 to 40 minutes

利用日割り当て表
兵士たちは、慰安所が混んでいるとしばしば不満を訴えた。規定時間外利用については、軍がきわめて厳しい態度をとっていたので、多くの場合、彼らは用を足さずに引き揚げなければならなかった。この問題を解決するため、軍は各部隊のために特定日を設けた。(中略)
 将校は週に夜7回利用することが認められていた。慰安婦たちは、日割表どおりでも利用度がきわめて高いので、すべての客を相手にすることはできず、その結果、多くの兵士の間に険悪な感情を生みだすことになるとの不満をもらしていた。
 兵士たちは慰安所にやって来て、料金を支払い、厚紙でこしらえた約2インチ四方の利用券を買ったが、それには左側に料金額、右側に慰安所の名称が書かれて いた。次に、それぞれの兵士の所属と階級が確認され、そののちに兵士は「列をつくって順番を待った」。慰安婦は接客を断る権利を認められていた。接客拒否 は、客が泥酔している場合にしばしば起こることであった。
SCHEDULES
The soldiers often complained about congestion in the houses. In many situations they were not served and had to leave as the army was very strict about overstaying. In order to overcome this problem the Army set aside certain days for certain units. Usually two men from the unit for the day were stationed at the house to identify soldiers. A roving MP was also on hand to keep order. Following is the schedule used by the “Kyoei” house for the various units of the 18th Division while at Naymyo.

Officers were allowed to come seven nights a week. The girls complained that even with the schedule congestion was so great that they could not care for all guests, thus causing ill feeling among many of the soldiers.
Soldiers would come to the house, pay the price and get tickets of cardboard about two inches square with the prior on the left side and the name of the house on the other side. Each soldier’s identity or rank was then established after which he “took his turn in line”. The girls were allowed the prerogative of refusing a customer. This was often done if the person were too drunk.

報酬および生活状態
「慰安所の楼主」は、それぞれの慰安婦 が、契約を結んだ時点でどの程度の債務額を負っていたかによって差はあるものの、慰安婦の稼ぎの総額の50ないし60パーセントを受け取っていた。これは、慰安婦が普通の月で総額1500円程度の稼ぎを得ていたことを意味する。慰安婦は、「楼主」に750円を渡していたのである。多くの「楼主」は、食料、その他の物品の代金として慰安婦たちに多額の請求をしていたため、彼女たちは生活困難に陥った。
1943年の後期に、軍は、借金を返済し終わった特定の慰安婦には帰国を認める胸の指示を出した。その結果、一部の慰安婦は朝鮮に帰ることを許された。
さらにまた、尋問が明らかにしているところによれば、これらの慰安婦の健康状態は良好であった。彼女たちは、あらゆるタイプの避妊具を十分に支給されており、また、兵士たちも、軍から支給された避妊具を自分のほうからもって来る場合が多かった。慰安婦は衛生に関して、彼女たち自身についても客についても気配りするように十分な訓練を受けていた。日本軍の正規の軍医が慰安所を週に一度訪れたが、罹患していると認められた慰安婦はすべて処置を施され、隔離されたのち、最終的には病院に送られた。軍そのものの中でも、まったく同じ処置が施されたが、興味深いこととしては、兵士は入院してもその期間の給与をもらえなくなることはなかったという点が注目される。
PAY AND LIVING CONDITIONS
The “house master” received fifty to sixty per cent of the girls’ gross earnings depending on how much of a debt each girl had incurred when she signed her contract. This meant that in an average month a girl would gross about fifteen hundred yen. She turned over seven hundred and fifty to the “master”. Many “masters” made life very difficult for the girls by charging them high prices for food and other articles.
In the latter part of 1943 the Army issued orders that certain girls who had paid their debt could return home. Some of the girls were thus allowed to return to Korea.
The interrogations further show that the health of these girls was good. They were well supplied with all types of contraceptives, and often soldiers would bring their own which had been supplied by the army. They were well trained in looking after both themselves and customers in the matter of hygiene. A regular Japanese Army doctor visited the houses once a week and any girl found diseased was given treatment, secluded, and eventually sent to a hospital. This same procedure was carried on within the ranks of the Army itself, but it is interesting to note that a soldier did not lose pay during the period he was confined.

兵士たちの反応
慰安婦の一人によれば、平均的な日本軍人は、「慰安所」にいる ところを見られるのをきまり悪がり、彼女が言うには、「慰安所が大入り満員で、並んで順番を待たなければならない場合には、たいてい恥ずかしがる」そうである。しかし、結婚申し込みの事例はたくさんあり、実際に結婚が成立した例もいくつかあった。
すべての慰安婦の一致した意見では、彼女たちのところへやって来る将校と兵士のなかで最も始末が悪いのは、酒に酔っていて、しかも、翌日戦前に向かうことになっている連中であった。しかし、同様に彼女たちが口を揃えて言うには、日本の軍人は、たとえどんなに酔っていても、彼女たちを相手にして軍事にかかわる事柄や秘密について話すことは決してなかった慰安婦たちが何か軍事上の事柄についての話を始めても、将校も下士官や兵士もしゃべろうとしないどころか、「そのような、女にふさわしくないことを話題にするな、といつも叱ったし、そのような事柄については丸山大佐でさえ、酒に酔っているときでも決して話さなかった」
しばしば兵士たちは、故郷からの雑誌、手紙、新聞を受け取るのがどれほど楽しみであるかを語った。彼らは、缶詰、雑誌、石鹸、ハンカチーフ、歯ブラシ、小さな人形、口紅、下駄などが いっぱい入った「慰問袋」を受け取ったという話もした。口紅や下駄は、どう考えても女性向きのものであり、慰安婦たちには、故郷の人びとがなぜそのような 品物を送ってくるのか理解できなかった。彼女たちは、送り主にしてみれば、自分自身つまり「本来の女性」を心に描くことしかできなかったのであろうと推測した。
SOLDIERS REACTIONS
The average Japanese soldier is embarrassed about being seen in a “comfort house” according to one of the girls who said, “when the place is packed he is apt to be ashamed if he has to wait in line for his turn”. However there were numerous instances of proposals of marriage and in certain cases marriages actually took place.
All the girls agreed that the worst officers and men who came to see them were those who were drunk and leaving for the front the following day. But all likewise agreed that even though very drunk the Japanese soldier never discussed military matters or secrets with them. Though the girls might start the conversation about some military matter the officer or enlisted man would not talk, but would in fact “scold us for discussing such un-lady like subjects. Even Col. Maruyama when drunk would never discuss such matters.”
The soldiers would often express how much they enjoyed receiving magazines, letters and newspapers from home. They also mentioned the receipt of “comfort bags” filled with canned goods, magazines, soap, handkerchiefs, toothbrush, miniature doll, lipstick, and wooden clothes. The lipstick and cloths were feminine and the girls couldn’t understand why the people at home were sending such articles. They speculated that the sender could only have had themselves or the “native girls”.

いつから韓国の元慰安婦たちが、補償しろと要求するようになったのか?1977年、吉田清冶という日本人が、済州島で自ら200人慰安婦狩りをしたという捏造本を出版。1989年本はハングルに訳され、韓国で広まった。吉田の記述は済州島の城山浦にある貝ボタン工場という設定で、韓国でこの本が出版された後、済州新聞記者の許栄善が現地で多くの人々の話を聞いて調査した。しかし、彼女は強制連行の証拠を見つけることができなかった。
 城山浦の住民の85歳の女性チョン・オクタンは「250戸しかないこの村で、200人の若い女性が日本人に強制連行されたって?たとえ15人でも徴用されたとすれば大事件だが、そんな話は聞いたことがない」と語った。
 更に1989年、韓国人歴史家の金奉玉は「吉田の話を長い間調査し、話が事実ではなく捏造であるという結論に至った。吉田はお金を儲けたいあまりに、嘘の話を書いた」と言った。しかし彼の捏造話は既に1983年から朝日新聞によって大きく報じられた。そして、多くの元慰安婦たちが補償を求め始めた。
When did Korean ex-comfort women start demanding compensation? In 1977, a Japanese man named Seiji Yoshida wrote a book which said that 200 local women were abducted by Japanese on Jeju-Island in Korea. He claimed he was one of the abductors. In 1989, his book was translated into Hangeul, or Korean language, and then the story was disseminated in South Korea. After the publication of the book in South Korea, 許栄善who was a Korean reporter for The Seju-Island newspaper interviewed many local people there. But she couldn’t get any evidence of abduction.
The local Korean lady who was 85 years old said, “There are only 250 houses here. Were 200 young ladies abducted by Japanese? If only15 people had been commandeered, it would have been a serious incident, but I haven’t heard such a story.”
Also in 1989, 金奉玉 who was a Korean historian said, “After researching into Yoshida’s story for a long time, I have come to the conclusion that Yoshida’s story is false, not true. Yoshida wrote the false story, as he was very business-minded, and wanted to earn money.” But his false story has been spread by The Asahi newspaper since 1983. And EX-comfort women started to ask for compensation.

実際は、1965年の日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約により、財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決されているのである(個別請求権の問題解決)。
As a matter of fact, in 1965, Japan-Korea Peace Treaty ended the possibility of future claims against Japan. Moreover, this meant any sort of claim, including unpaid wages of any profession during the days of colonization.

2003年の韓国政府女性家族部の調査によると、500,000人の女性が韓国の性産業で働いており、韓国フェミニスト協会によると実際の数は百万人を超えたかもしれないとのこと。その数が事実に近いなら、韓国女性の25人に1人が売春していたことになる。韓国政府は2004年、売春婦防止法を制定した。その結果、海外で売春したり、海外を行き来する韓国人売春婦の数が増加した。売春婦の目的地は、もはやアメリカ、カナダ、オーストラリア、日本という先進国だけではない。韓国警察が言うには、タイ、ベトナム、ウズベキスタン、カザフスタンのバー、カラオケクラブ、マッサージパーラーで働く韓国人売春婦が増えているとのこと。2013年、韓国には約270,000人の売春婦がいる。
In 2003, The South Korean government’s Ministry fot Gender Equality estimated that 500,000 women worked in the national sex industry, though,according to the Korean feminist Association,the actual number might exeed 1 million. If that estimate is closer to the trouth, it would mean 1 out of every 25 women in the country is selling her body for sex. South Korean government established the Antiprostitution Law in 2004. As a result, the number of Korean women looking for work as prostitutes abroad or being trafficked for the purpose is on the increase. Destinations for Korean sex workers are no longer limited to developed nations like the U.S., Canada, Australia and Japan. Korean police say
the number of Korean women working in bars, karaoke clubs and massage parlors in countries like Thailand, Vietnam, Uzbekistan and Kazakhstan is increasing. In2013, there’re about 270,000 prostitutes in South Korea.

ところで、ライダイハンという言葉は、韓国人の父親とベトナム人の母親の間にもうけられた子供を意味し、父親は韓国軍兵士とベトナム戦争時ベトナムに滞在して働いていた韓国人労働者を含む。ライダイハンの正確な人数は不明だが、少なくとも5,000人、最大で30,000人いると言われている。ベトナム戦争の間、韓国軍兵士は300,000人以上のベトナムの人々を殺戮した。戦時中、韓国兵は多くのベトナム人女性を拉致、強姦した。このようにライダイハン問題は、強姦や子供の遺棄を含んでいる。しかし韓国は、ライダイハン問題に対し、いまだにベトナムに謝罪していない。韓国人は、女性を尊敬しているのではなく、ただお金が欲しいのだ。もしそうでないなら、ベトナムにライダイハン問題について直ちに謝罪し、補償するべきだ!
By the way, the term Lai Daihan means a mixed ancestry person born to a South Korean father and a Vietnamese mother, and the fathers include both members of the South Korean military and Korean workers who were stationed in Vietnam during the Vietnam War. The exact number of Lai Daihan is unknown, but it is said that there are at least 5,000 and 30,000 at most. The South Korean military had massacred more than 300,000 Vietnamese people, in Vietnam during the War. During the war, South Koreans abducted and raped large numbers of Vietnamese women. Thus, the Lai Daihan problem includes, rape, and the desertion of the children. But Korea has’t apologized to Vietnam for the Lai Daihan problem yet. It’s not that Korean people respect women, but that they just want money. If it isn’t so, Korea should apologize to Vietna for the Lai Daihan problem, and should compensate immediately!

“457 クミトービン殿、こたまま殿へのメッセージ” への22件のフィードバック

  1. 余命 様

    ンド・ビルマ戦域アメリカ陸軍所属のアメリカ戦時情報局心理作戦班による慰安婦に関する報告書のPRIOR SYSTEMのところで、(三食食事付きの家政婦の月収が約13円の時代なので、慰安婦は高給取りであったことがわかる)は日本語のみで英文が抜けていたので、追加修正でカッコをとって英訳を追加すると以下のようになります。
    1.Soldiers 10AM to 5PM 1.50yen 20 to 30 minutes
    2.NCOs 5PM to 9PM 3.00yen 30 to 40 minutes
    3.Officers 9PM to12PM 5.00yen 30 to 40 minutes

    The then Japanese Housekeeper’s monthly income with a board meal is about 13 yen, so You can see that the comfort girls were highly paid.

    返信

  2. 深田萌絵(@Fukadamoe)さん Twitter
    https://twitter.com/fukadamoe

    深田萌絵 ?@Fukadamoe 32分32分前
    理研は人民解放軍のフロント企業、中国科学院と理研の開発を何でも無償で教えて差し上げますという契約書を締結していた。小保方さんの前に処罰すべきする人物がいるはずだ。

    また、汚染された韓国産アサリの検疫なしで日本に輸入している問題、
    東京オリンピックのエンブレム盗作疑惑の佐野氏の兄が通産省の官僚であり、密接な関係を疑わせる状況等、日本の官僚の中に日本の国益に反する行為を行なっている人物が多く紛れ込んでいるものと思われます。この背後には、官僚に在日・帰化人が入り込んで中国・朝鮮の傀儡として活動しているのが根本的な原因なのではないでしょうか?
    官邸メールを駆使して国籍条項復活、3代前までの国籍の提示の義務などで在日を、マスコミ、電通、博報堂や大学、行政、司法、医療などの日本の主要な組織から排除し、日本人のモラルを復活してこそ可能ではないでしょうか。

    1. 日本を取り戻す様

      内容全てに同意します。
      しかし、敵は帰化した在日や韓国・朝鮮・中国人だけでなく、
      「背乗り」が多数いるだろう事が問題です。
      官僚なんかはこの背乗りが一番多いのではないかと推察しております。
      背乗り連中をどうやって排除すればいいのか・・・

      背乗りhttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%83%8C%E4%B9%97%E3%82%8A

  3. いつも拝見しています。慰安婦の件について、、アメリカの退役軍人会に呼びかける案はどうでしょうか、、日本軍と実際に戦ったアメリカ軍の方々は 戦った相手の『日本軍』が女性を拉致しレイプする様な卑怯者と考えているのでしょうか?戦った戦場にその様な現実があったのでしょうか?アメリカ軍は野蛮な無法者と生死をかけて戦ったのでしょうか?真実の歴史の為に生死をかけて戦ったアメリカの名誉ある退役軍人の方々の声を聞く場が出来ないかと思います。真実を知る方々の良心に期待出来ないでしょうか?

    1. アメリカ人は、基本、単純なのであの戦争で悪い奴をやっつけたったと思ってる人が多いですよ。日本軍が卑怯者と言われてもなんら問題ありません。

  4.  本文を読む日本人のみならず外国人にとって、当時の日本円の価値がわからず、下記の(  )の文章が重要なのに英文化されていないので、彼女達が高給売春婦であった内容になっていないと思います。 
    そして、どのくらいの稼ぎの高給売春婦であったのか不明で、失礼ながら読むのに疲れるインパクトのない長文だと思います。
    1.兵 午前10時~午後5時 1.5円20~30分
    2.下士官 午後5時~午後9時 3円30分~40分 
    3.将校 午後9時~午後12時5円30分~40分
    (三食食事付きの家政婦の月収が約13円の時代なので、慰安婦は高給取りであったことがわかる)
    1.Soldiers 10AM to 5PM 1.50yen 20 to 30 minutes
    2.NCOs 5PM to 9PM 3.00yen 30 to 40 minutes
    3.Officers 9PM to12PM 5.00yen 30 to 40 minutes

    もっとずばり、例えば、当時の日本軍兵士の月給の100倍以上を稼ぐ単なる高給売春婦で、本国に多額の仕送りをしていた具体的な金額、ネット情報では「大体月に1800円~2000円ぐらい稼いでいたみたいです。(歩合もありますので)当時の兵士の月給が20円ですから相当稼いでいます。元慰安婦の韓国人女性は実家に1年の間に5000円を仕送りしていました。現在価値にして5000万円くらいでしょうか?」ということを強調した内容にすべきと思います。
     そして、文玉珠という慰安婦は、平成四年に二万六千百四十五円の郵便貯金返還の訴訟を起こして敗れている事実を米国人に紹介したらどうでしょうか?
    <日韓合同調査の調査結果> note.chiebukuro.yahoo.co.jp
     韓国側としての証拠は被害者側の「証言」だけである。客観的事実のみを整理すると、慰安婦は日本統治の遥か以前から存在しており、朝鮮人ブローカーが斡旋を取り仕切り、当時としては桁はずれの報酬が支払われていた事である。事実、文玉珠という慰安婦は、平成四年に二万六千百四十五円の郵便貯金返還の訴訟を起こして敗れている。
    ちなみに当時の陸軍大将の俸給は年間六千六百円、二等兵の給料は年間七十二円であった。
    文玉珠(通名文原玉珠)という元慰安婦の平成四年時点の5万百八円の郵便貯金原簿 昭和21年以降は利子の振込。
     昭和18年から昭和20年までは慰安婦の給料の振込だが戦時中で毎月のように500円以上の大金が振り込まれていて、特に昭和20年4月には5560円、5000円とそれぞれ2回の振込され、5月には1万円というそれぞれ戦時中の物価では物凄い大金が振り込まれている。
    旧日本軍が出した慰安婦の求人、当時の物価で月給300円以上という大金
    右側の書類の一番左のカッコ内は募集を掛けた業者の関係者の名前、許氏とあり(許という名字)朝鮮人が慰安婦募集をしていた事が分かる。
    当時、軍から許可を得た業者が募集・運営を取り仕切っていた。経済的理由から親に売り飛ばされたり、やむなく募集に応じたものも多かったが、報酬額からみて商業的な契約に基づく労働であったと言わざるを得ず、過酷な性奴隷を強いられたと主張するには無理がある。事実、軍での仕事は手っ取り早く稼ぐ手段しとして日本人の慰安婦も数多く存在していたのである。

  5. 米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに
    2014.11.27 05:10
    ttp://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n1.html
    産経の有名な記事です。
    この記事もお願いしたいんですが。

  6. こんにちは

    ネットの友達にヨーロッパの子でこっちに留学したいってことで頼まれて、留学生奨学金を調べています(英語サーチだと出にくいので)。
    そこで気付いたことがひとつ。韓国、朝鮮人に対する奨学金制度多すぎでしょ!私の志望大学にもあったし。
    ま、一応隣国だし留学ってお金かかるしそれだけならいいと思ってたんですよ。「留学生」だったら。
    他の国の人対称だと「~~人留学生奨学金」ってなっているのに韓国・朝鮮人対称だと大抵「~~人奨学金」ってなってるんです。そして必要要項にも「留学生」って一言も書いてない。
    これって、留学生じゃない韓国朝鮮籍の人間、つまり日本で生まれて育ったくせに日本国籍を取得してない「在日朝鮮人」も含まれるってことです。
    はあ?なんで?意味分からん。

    一応それを留学したいっていってた子に報告したら
    「前から思ってたけど日本ってちょいちょいコリアン優先してるよね……。
    外国人が日本で犯罪やったら即追い出されるのに、コリアンだけ追い出されないし……」

    と言われたんで、一応在日関係について説明しときました。
    余命ブログ呼んでてよかったー!

    たとえるならヨーロッパにおけるイスラム系みたいなものだそうです。最近はそれに難民が加わってますますカオスなことになってるらしい……。

    日本は徐々に目覚め始めてるけど、あっちはちょっとやばいっぽい?

    1. じゃん様へ
       20年ほど前ですが 在日朝鮮人が某有名大学で奨学金を貰っていたのですが
      驚くような金額でした。
      月に30万円以上貰っていたそうです。
      日本は異常な国です!

  7. 初の投稿、失礼致します。
    米国メール作戦、実に良い作戦だと感じております。
    特に、入国審査に於ける差別制度は、効果的なのではないかと推察致します。

    米国に訴えかけるには、『米国人に密接』である必要があると考えるからです。

    本稿(457 クミトービン殿、こたまま殿へのメッセージ)に記載されている特殊慰安所及び特殊慰安婦に関する資料ですが、多くの米国人にとっては”他人事”であり、興味を示す者は少ないと推測しております。
    興味を示すとすれば特殊慰安所事案にある程度精通する上級者か、敵である特亜人(特亜系米国人を含む)、共産社会主義者と言った我が国日本にとって有害な輩に大別される事でしょう。
    従って、米国人のごく一部しか触れようとしないでしょう。

    先ず、我々が打って出てツカミを得る為には、キャッチフレーズが必要かと考えます。

    商品広告を想像して頂ければ分かりやすいかと存じます。
    商品広告のキャッチフレーズには、大きく分けて以下の2種類が存在します。

     ・採り入れる事によって得られるメリットを強調するタイプ
     ・現状のままでは遭遇するであろうデメリットを強調するタイプ

    上記2種類のキャッチフレーズに共通して考慮すべき点としては、『目にした者にとって、身近な事柄に感じるフレーズ』であると言う事です。

    具体的な例を挙げると、クロレッツのCMで「10分間、爽やか息が長続き」と言うキャッチフレーズがあります。
    これは、メリットを強調するタイプのキャッチフレーズです。
    逆にデメリットを強調し不安を煽るタイプのキャッチフレーズでは、ポリデントの「お爺ちゃん、お口臭ぁ~い」と言うものがあります。

    広告では”自分に直結する事柄”を簡潔に盛り込み、先ずツカミを取りに行く訳です。
    商品の説明はツカミを得た後に、さり気なく盛り込みアピールし購買意欲の後押しを行うのです。
     
     
    それでは、これまでの特殊慰安所及び特殊慰安婦案件での、日本側の第三国向けのアプローチを振り返って検証してみましょう。
    その多くは、いきなり商品説明を始めるのと同等の、弁解に特化していませんか?

    興味の無い第三者からしてみれば、更に聞く気を削ぐ”言い訳”にしか感じないのではありませんか?

    これが今まで日本側が敵に敗北を喫していた原因の一つだと、私は推察しております。
    それに対し敵方は『特殊慰安婦=性奴隷』と印象付けする事で、『性奴隷』と言う言葉自体がキャッチフレーズとして機能しています。

    オマケに性に関する事は人間が生物である以上、万人に共通して関わる事柄で本能的に興味を惹くカテゴリーです。
    それに対し日本側の言い訳は欧州寄りの文化を持つ米国にあっては、遠い東洋の黄色人種のじゃれ合いであって”所詮、他人事”と言うのが本音でしょう。
    更に、大東亜戦争で敵対した国の事となれば、処断すれば「米国の正義」を再確認出来る事となり、メリットも感じられると言う訳です。

    上記の心理プロセスを考慮した場合、日本の入国審査制度が『米国人への差別』に当たると言うアプローチは、米国向けのキャッチフレーズとして理に適っているのです。
    また、北朝鮮の資金源がパチンコや暴力団であると言う事も、米国的には他人事では無い事柄です。
     
     
    扨て、特殊慰安所及び特殊慰安婦案件で我が国日本がツカミを得ようとするのならば、下記の主旨を含めたキャッチフレーズを広めるのが得策ではないかと考えております。

     ・米国の高校生に嘘の歴史を教える事になる。
     ・米国は関係無いのに、厄介事に巻き込まれた被害者である。
     ・次の強請のターゲットは米国である。(洋公主案件)
     ・東西冷戦の勝者である日米の絆は、今後の米国のメリットとなる。

    若しこの案件で意見を述べる機会があるのならば、我々日本人にとって名誉挽回は本懐ですが、いきなり弁明に入ってしまうのは考えものです。
    先ず、真っ先に目的が「日本叩き」か「女性の人権」なのかを敵に選択させて、敵の口から建前の目的を引き出します。
    敵は目的が「日本叩き」とは言い難いので、ほぼ「女性の人権」と口走る事でしょう。
    建前が「女性の人権」である限りは、我々日本側も問題提議する機会を得る事が可能です。
    洋公主やRAA、事件性の伴う中村病院事件など、数々の日本国内に於ける進駐軍による強姦事件を提議出来れば、米国を始めとした連合国的には他人事では無くなる訳で、更にライダイハンやウイグル、チベットの民族浄化を提議出来れば、現在進行形だけに特亜は口をつぐむしか無くなる訳です。

    軍と特殊慰安所は現在でも切手は切れぬ間柄である為、第三国や特亜にとって密接に関係する都合が悪い事柄を提示出来れば、議題は自ずと過去よりも未来思考を選択せざるを得なくなる事でしょう。

    この事案、大どんでん返しを目論むならば、”言い訳”より第三国側のメリット/デメリットを提示する作戦が良いと、皆様に上奏致したく思います。

  8. カリフォルニア州教科書問題について懸念されている皆様へ
    ドラフトを読んでみました。慰安婦に関する部分については、前後の文脈からもみて、なくても何ら問題ないので、作為的に挿入されているように感じます。何らかの、誰かの意図があるのはほぼ間違いないでしょうね。正しい記述内容を求めるよりも全文削除を求めるべきかと。
    全文:““Comfort Women,” a euphemism for sexual slaves, were taken by the Japanese Army in occupied territories before and during the war. “Comfort Women” can be taught as an example of institutionalized sexual slavery, and one of the largest cases of human trafficking in the twentieth century; estimates on the total number of comfort women vary, but most argue that hundreds of thousands of women were forced into these situations during Japanese occupation.”
    慰安婦の部分を問題にするならば、この部分(少なくとも「」で囲んだ部分)も同時に指摘するべきではないでしょうか。日本は韓国を併合したのであって「植民地化」したわけではありません。その上、さらっと「南京大虐殺」も史実のように語られてます。
    “By then, Japan, an imperial power that had already 「colonized」 Korea in 1910 and occupied Manchuria in 1931, invaded China. Students should learn about the Sino-Japanese War as context for making comparisons between ideologies, goals, and strategies of the Axis powers. In China, Japanese military advances led to the death of thousands of civilians, 「including the horrors of the “Rape of Nanjing.”」”
    単に「併合」と「植民地化」さえも区別できてないような人たちが書いているだけかもしれません。まぁ米人はそんなものですかね、残念ながら。
    意見を送るのであれば下記の内容はどうでしょうか。少なくとも併合に関しては、見解の相違と言うような問題でもなく、「事実誤認」だと主張できる。南京と慰安婦については、時期尚早で記載するべきではないと。日本側としては「捏造だから」と言いたい方も多いでしょうが、不確実なものを生徒に教えるのはいかがなものかと訴えるのも一つの手だと思います。

    1. Japan did not colonized Korea.
    In 1910, Japan-Korea Treaty of 1910 (aka Japan-Korea Annexation Treaty) was concluded between Japan and Korea. Japan therefore annexed Korea. ‘Annexation’ and ‘colonization’ are two different terms.
    2. Any unverified historical events or issues should not be included.
    Concerning “the rape of Nanjing” and “comfort women,” what is the historical fact is highly debatable, not only among Historians but among the public at large, and various opinions have been suggested in regard to these issues. It would be better to wait to teach your students such unverified things until further research and discussions by the professionals are done.

    1. 申女様、
      1. Japan did not colonized Korea.
      In 1910, Japan-Korea Treaty of 1910 (aka Japan-Korea Annexation Treaty) was concluded between Japan and Korea. Japan therefore annexed Korea. “Annexation” and “colonization” are two different terms.
      完璧です。

      2. Any unverified historical events or issues should not be included. Concerning “the rape of Nanjing” and “comfort women,” what is considered historical fact is highly debatable, not only among historians but among the public at large. Various opinions have been suggested in regard to these issues. It would be better to wait to teach your students such unverified things until further research and discussions by the professionals are done.
      若干修正しました。

      修正+校正はトニー・マラーノ氏に依頼しました。
      皆様のご協力を感謝します。

  9. ダン吉

    日本を蘇らす啓発活動に共感しております。
    都民殿より投稿された和英併記の文書について、拙劣ながら修正を試みました。ご参考になれば幸いです。
    第7パラグラフ
    和文末尾(三食食事付きの家政婦の月収が約13円の時代なので、慰安婦は高給取りであったことがわかる)に相当する英文(The then Japanese Housekeeper’s monthly income with a board meal was about 13 yen, so You can see that the comfort girls were highly paid.)を補筆と、
    語句の修正:in a particular areas → in particular areas

    第8パラグラフ
    語句の修正: 冒頭の第二文中「・・用を足さずに・・」とある句に相当する英語を次のように挿入。
    In many situations they were not served and had to leave without finishing their job as the army was very strict about overstaying.
    和文中の (中略)とされた部分に該当する英文 Usually two men from the unit for the day were stationed at the house to identify soldiers. A roving MP was also on hand to keep order. Following is the schedule used by the “Kyoei” house for the various units of the 18th Division while at Naymyo. も割愛する
    語句の修正:利用券の左側に書いてあったのは料金額であるから、該当する英文の prior → price
    語句の修正:兵士の所属と階級ともに確認されたのだから、該当する英文の Each soldier’s identity or rank was then established・・・→ Each soldier’s identity and rank were then established・・・

    第9パラグラフ
    第三文(多くの「楼主」は、食料、その他の物品の代金として慰安婦たちに多額の請求をしていたため、彼女たちは生活困難に陥った。)は、引用の趣旨から逸れているので、該当する英文 Many “masters” made life very difficult for the girls by charging them high prices for food and other articles. ともども削除する。
    末尾文(軍そのものの中でも、まったく同じ処置が施されたが、興味深いこととしては、兵士は入院してもその期間の給与をもらえなくなることはなかったという点が注目される。)は、引用の趣旨から逸れているので、該当する英文 This same procedure was carried on within the ranks of the Army itself, but it is interesting to note that a soldier did not lose pay during the period he was confined ともども削除する。

    第10パラグラフ
    第三文以下(すべての慰安婦の一致した意見では、彼女たちのところへやって来る将校と兵士のなかで最も始末が悪いのは、酒に酔っていて、しかも、翌日戦前に向かうことになっている連中であった。しかし、同様に彼女たちが口を揃えて言うには、日本の軍人は、たとえどんなに酔っていても、彼女たちを相手にして軍事にかかわる事柄や秘密について話すことは決してなかった慰安婦たちが何か軍事上の事柄についての話を始めても、将校も下士官や兵士もしゃべろうとしないどころか、「そのような、女にふさわしくないことを話題にするな、といつも叱ったし、そのような事柄については丸山大佐でさえ、酒に酔っているときでも決して話さなかった)は、引用の趣旨から逸れているので、該当する英文 All the girls agreed that the worst officers and men who came to see them were those who were drunk and leaving for the front the following day. But all likewise agreed that even though very drunk the Japanese soldier never discussed military matters or secrets with them. Though the girls might start the conversation about some military matter the officer or enlisted man would not talk, but would in fact “scold us for discussing such un-lady like subjects. Even Col. Maruyama when drunk would never discuss such matters.” ともども削除する。
    語句の修正:下駄を clothes とするのは疑問、よって wooden clothes. → wooden clogs とする。
    語句の修正:(どう考えても)女性向きのとの意味を次のように英文に補う。 The lipstick and clothes were feminine・・・→ The lipstick and clogs were apparently feminine・・・

    第11パラグラフ
    語句の修正:済州島は、Jeju-Islandの綴りに一本化する
    語句の修正:韓国人の名前はローマ字表記がわかりませんのでどなたかにお願いします。

    第13パラグラフ
    語句の修正:英文冒頭第一文の政府組織名 Ministry fot Gender Equality → Ministry for Gender Equality
    語句の修正:英文冒頭第一文の末尾 ・・the actual number might exeed 1 million. → the actual number might exceed 1 million.
    語句の修正:英文第二文の冒頭 trouth → truth

    第13パラグラフ
    語句の修正:末尾から見て第三文の文頭 But Korea has’t apologized → But Korea hasn’t apologized
    語句の修正:末尾の第一文ベトナム国名 Vietna → Vietnam

  10. 捏造慰安婦問題が入り込む余地がない事は、十分理解しております。余命扇様、お時間を割いて下さり誠にありがとうございました。

    インド・ビルマ戦域アメリカ陸軍所属のアメリカ戦時情報局心理作戦班による慰安婦に関する報告書の一部を掲載する。
    The following is the official report by Psychological Warfare Team of OFFICE OF WAR INFORMATION Attached to U.S. Army Forces India-Burma Theater;

    米国国立公文書館よりテキサス親父へ送られて来た封筒と手紙です。
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    現在確認中です。しばらくお待ち下さい。

    余命翁様、余命サポーターの皆様、花菱様、LA 郊外より応援しています。
    寒い日が続いております。お身体ご自愛下さいませ。

  11. 余命扇様
    捏造慰安婦問題が入り込む余地がない事は、十分理解しております。お時間を割いて下さり誠にありがとうございます。

    【457】最初にこちらの英文を修正しました。ネイティブの米国人に確認済みです。

    No. 1
    慰安婦というものはそもそも存在しない。
    There were no forced Comfort Women by the Japanese military during WW II.

    これらは日本を貶めようとしている存在によって巧みに作られ、金銭を得る材料としてそれらを日本のマスコミを使って大々的に広められたのである。
    The story was created by people who are willing to bring down Japan’s reputation, as well as people who are willing to earn money from this rumor. Regrettably these rumors were supported by a Japanese newspaper and other media.

    もともと大日本帝国軍(以下日本軍)は慰安婦の強制連行などしておらず、女衒といわれる人身売買ブローカーと当時貧しかった家庭を利用し、売春婦として組織したものである。
    The Japanese military were not involved in forcing women against their will to be Comfort Women. The women applied through a prostitution broker who took advantage of because of their poverty.

    当時の売春婦は高額な報酬を得て本国に送金している。
    The women earned large amounts of money and then sending it back to their family / country.

    戦場という特殊な場において身売りされた女性が売春行為をしただけであり、同様のことは第二次世界大戦の日本軍意外にも朝鮮戦争、ベトナム戦争時にも起きており、このような人身売買的な売春環境は21世紀に入っても続いている。
    They lived and worked under miserable situation of war, similar situation were found during the Korean War and Vietnam War. Furthermore such environment still exists in 21st century era.

    日本国のみが汚名のレッテルをはられるような事実は日本国を貶める巧妙な罠であり、カリフォルニア州の教科書にこのような虚偽の事実が掲載されることに断固として反対する。
    We strongly resist issuing a textbook which illustrate an untrue history of Japan to state of California. The hope is to have more people obtain the true knowledge of history.

    ***一つにまとめると
    There were no forced Comfort Women by the Japanese military during WW II. The story was created by people who are willing to bring down Japan’s reputation, as well as people who are willing to earn money from this rumor. Regrettably these rumors were supported by a Japanese newspaper and other media.and then sending it back to their family / country. They lived and worked under miserable situation of war, similar situation were found during the Korean War and Vietnam War. Furthermore such environment still exists in 21st century era.We strongly resist issuing a textbook which illustrate an untrue history of Japan to state of California. The hope is to have more people obtain the true knowledge of history.The Japanese military were not involved in forcing women against their will to be Comfort Women. The women applied through a prostitution broker who took advantage of because of their poverty. The women earned large amounts of money
    ***

    No.2
    韓国は、「慰安婦たちは第二次世界大戦中、日本軍に性的奴隷として売春を強要された」と言う。
    South Koreans says,” Comfort women were forced into prostitution as sexual slaves by the Japanese military during the World War II”

    しかし、日本政府はそのような証拠を見出していない。
    But the Japanese government can’t find any evidence of it.

    上記の韓国の主張は、元慰安婦たちの口頭陳述のみに基づいている。
    The above Korean assertion is based on only ex-comfort women’s verbal statements.

    そして元慰安婦たちの話は、彼女たちが話すたびに話が変わるので、確かな証拠がない。信憑性がないのである。
    Ex-comfort women’s story doesn’t have any conclusive evidence, as every time they speak, the story differs, it’s unreliable.

    これに反して、米国陸軍による慰安婦に関する調査書がある。
    On the other hand, we have the report drawn up on comfort women by U.S. Army.

    もし慰安婦たちが日本軍による被害者だったなら、彼女たちは、スケジュールが密だったので全ての客を相手にできなくて残念だと文句を言わなかったはずだ!!
    If these comfort women had been victims of Japanese military, they wouldn’t have complained of not being able to care for all guests, due to a tight schedule!!

    慰安婦たちは、もっとたくさんお金が欲しかったわけでしょ?詳細は、後に述べる。
    They wanted much more money, right? The details will be noted further in this document.

    ***一つにまとめると
    South Koreans says,” Comfort women were forced into prostitution as sexual slaves by the Japanese military during the World War II” But the Japanese government can’t find any evidence of it. The above Korean assertion is based on only ex-comfort women’s verbal statements. Ex-comfort women’s story doesn’t have any conclusive evidence, as every time they speak, the story differs, it’s unreliable.
    On the other hand, we have the report drawn up on comfort women by U.S. Army. If these comfort women had been victims of Japanese military, they wouldn’t have complained of not being able to care for all guests, due to a tight schedule!! They wanted much more money, right? The details will be noted further in this document. 
    ***

    No. 3
    実際何があったのか?
    What was actually happened?

    大勢の韓国人女性が、売春宿経営者と結びついた韓国人業者により慰安婦として動員された。
    Many Korean women were mobilized to serve as comfort women by Korean agents connected with the brothel owners.

    女性たちのある者は売春婦、またある者は貧しい親により金のために韓国人業者に売られた娘たちだった。
    Some of the women were prostitutes, and some were daughters sold to those Korean agents for money by poor parents.

    これらの業者が用いる誘いの言葉は、多額の金銭と、家族の負債を返済する好機、楽な仕事等というものだった。
    The inducement used by these agents was plenty of money, an opportunity to pay off the family debts, easy work, and so on.

    このような偽りの説明を信じて、多くの女性が海外勤務に応募、2~3百円の前渡し金を受け取った。
    On the basis of these false representations many women enlisted for overseas duty and were rewarded with an advance of a few hundred yen.

    売春宿の経営者は、軍隊の軒先に売春宿をもってきて儲けを得た。
    Many brothel owners opened their business next to military gates, because they could make more money.

    当時の日本は悪徳な韓国人業者を取り締まり、その記事が色々な新聞に掲載されていた。
    The Japanese authorities punished the brutal Korean agents, accounts of which appeared in the various newspapers. 

    ***一つにまとめると
    What was actually happened? Many Korean women were mobilized to serve as comfort women by Korean agents connected with the brothel owners. Some of the women were prostitutes, and some were daughters sold to those Korean agents for money by poor parents. The inducement used by these agents was plenty of money, an opportunity to pay off the family debts, easy work, and so on. On the basis of these false representations many women enlisted for overseas duty and were rewarded with an advance of a few hundred yen. Many brothel owners opened their business next to military gates, because they could make more money. The Japanese authorities punished the brutal Korean agents, accounts of which appeared in the various newspapers.
    ***

    余命翁様、余命サポーターの皆様、花菱様、LA 郊外より応援しています。お身体ご自愛下さいませ。

  12. 余命 様

    御多忙中に恐縮ですが、御一読の程、宜しくお願い申し上げます。

    カリフォルニア州教育委員会の“教科書捏造”につきまして
    私は何度か抗議メール運動に水を差すような投稿をしていて、御不快な方がいらっしゃるかも知れませんが、私はこの教育委員会は朝鮮勢力の手先だと思っています。
    その理由は、・IWG報告書を無視している、・住民の意見をゴリ押しして利権を通させるのは朝鮮人の常套手段である、からです。折角の抗議メールも、委員会側で握りつぶす気ではないかと危惧しています。

    私は、朝鮮の手先を相手にするよりも、アメリカ人を味方に付けた方が良いと思っています。
    全米の人間が性奴隷の“捏造”と本当の“史実”を知っていたら、同教育委員会のみならず、捏造に加担する者は、只のアホか裏切り者と見なされるでしょう。
    そして、IWG報告書の全米への周知は、在米日本(系)人の名誉と安全に寄与します。
    私は以下の所に日本語で要望メールを送りました。

    「突然のメールを御許し下さい。御多忙中に誠に恐れ入りますが、何卒御一読の程、宜しくお願い申し上げます。
    私は、日本に住む一日本国民です。今、日本では「在米日本(系)人が、朝鮮人勢力から嫌がらせや虐めを受けている」という情報が伝わり問題になっています。
    朝鮮人が日本人を襲う根拠としているのは、彼等のプロパガンダである“旧日本軍の慰安婦強制連行・性奴隷“です。御存知のようにこれは捏造です。韓国政府による“国策”です。
    在米邦人の名誉と安全の為に、IWG報告書の調査結果“性奴隷の証拠は一つも見つからなかった”を周知させる活動を是非行なって頂きたく、お願い申し上げます。」
    (IWG報告書https://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf)

    ・米国日本大使館
    http://www.us.emb-japan.go.jp/j/ikenbako.html

    領事館は、在外邦人の保護の為に有るわけですから、
    ・在ロサンゼルス日本国総領事館(南カリフォルニアを管轄)
    http://www.la.us.emb-japan.go.jp/web/m01_06.htm
    ・在サンフランシスコ日本国総領事館(中北部カリフォルニアを管轄)
    http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/jp/m01_04.htm
    ・在アトランタ日本国総領事館
    http://www.atlanta.us.emb-japan.go.jp/nihongo/goikenbako.html
    ・在アンカレジ領事事務所
    http://www.anchorage.us.emb-japan.go.jp/j_information.htm
    ・在シアトル日本国総領事館
    http://www.seattle.us.emb-japan.go.jp/japanese/culture/soudan.htm
    ・在シカゴ日本国総領事館
    http://www.chicago.us.emb-japan.go.jp/about_main_j.html#about_address_and_contact 
    ・在デトロイト日本国総領事館
    http://www.detroit.us.emb-japan.go.jp/jp/culture/index.htm
    ・在デンバー日本国総領事館
    http://www.denver.us.emb-japan.go.jp/jp/
    ・在ナッシュビル日本国総領事館
    http://www.nashville.us.emb-japan.go.jp/jp/ryojikan_annai/renrakusaki.htm
    ・在ニューヨーク日本国総領事館
    http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/n/index.html
    参考 http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/p/kinkyu/2014/September-09.html
    ・在ハガッニャ日本国総領事館
    http://www.hagatna.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/NewInfomation_J.html
    ・在ヒューストン日本国総領事館
    http://www.houston.us.emb-japan.go.jp/jp/ryojikan/page4.htm
    ・在マイアミ日本国総領事館
    http://www.miami.us.emb-japan.go.jp/jp/officeguide.htm

    ボストン、ホノルルのメールアドレスは見つけられませんでした。
    ポートランドはHP記載のメールアドレスでは送信出来ませんでした。
    参考「在外公館一覧」
    http://www.detroit.us.emb-japan.go.jp/jp/ryojikan/consulates.htm

    調べていて分かったのですが、全米中に日本語OKの施設・団体があります。先方の事情もありますので、名称・連絡先の記載は控えますが、“日本人が運営し、日本人が集まる所”です。“子供の集まる所”なら、特に問題として受け止めて頂ける
    のではないでしょうか。私は以下のメールを送りました。
    「私がメールさせて頂いたのは、「朝鮮勢力からの在米日本(系)人の虐め対策として、IWG報告書の周知を、地域住民として行政や領事館に要望して下さい、というお願いの為です。何卒、主旨を御理解頂き、御賛同頂けます事を切にお願い申し上げます。」

    最後までお読み頂きまして、誠に有難うございました。

  13. 余命 様

    御多忙中恐れ入ります。
    先程御承認頂きました、「米国日本大使館・領事館へメールを送る」という投稿中、引用しました「IWG報告書」
    https://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf
    の転載元、というのでしょうか、著作権者に当たる機関の名称を書き忘れておりました。
    米国国立公文書記録管理局( The u.s. national archives and records administration)
    からの転載です。
    不手際をお詫び申し上げます。以後注意致します。
    何卒宜しくお取り扱いの程、宜しくお願い申し上げます。

  14. 余命扇様、お時間を割いて下さり誠にありがとうございます。

    インド・ビルマ戦域アメリカ陸軍所属のアメリカ戦時情報局心理作戦班による慰安婦に関する報告書は「米国国立公文書」であり、変更修正は不可能です。英文に関しても同様です。
    テキサス在住のトニー・マラーノ氏(テキサス親父)に直接連絡して確認済みです。

    National Archives to confirm the validity of the following documents.Recipient Mr. Tony Marano
    米国国立公文書館よりテキサス親父へ送られて来た封筒と手紙

    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    こちらで全文を確認出来ます

    余命翁様、余命サポーターの皆様、花菱様、LA 郊外より応援しています。お身体ご自愛下さいませ。

  15. カリフォルニア州教育局に関して

    ウェブサイトを見ると、スタッフディレクトリの検索というのがあります。
    http://www.cde.ca.gov/re/di/sd/

    ここで、「First Name:」「Last Name:」の行には触れずに、「Branch/Division/Office:」のドロップダウンから部門を指定して「Search」をクリックすると、該当部門のスタッフの一覧が、メールアドレスと共に表示されます。

    教育委員会が当てにならない可能性が高いということであれば、職員一人ひとりにメールを届けることも、一応できそうです。
    例えば、教科書問題に一番関係のありそうな、「Curr Frmwks & Inst Resources Division (カリキュラム枠組み及び教育資源部)」は、数えてみたところ、表示されたスタッフ数約60名でした。

    ご参考までに。

  16. 余命 様

    御多忙中に恐縮ですが、御一読の程、宜しくお願い申し上げます。
    御承認頂きました、「米国日本大使館・領事館へメールを送る」という投稿につきまして、在アトランタ日本国総領事館から以下の返答メールを頂いたことを報告致します。

    メールのほう拝見いたしました。
    こうした問題について、当地では今のところ、実際に邦人が被害に遭っているといった具体的な情報が寄せられておりませんが、今後の参考とさせていただきたいと思います。
    ご連絡ありがとうございました。

    在アトランタ日本国総領事館

  17. 捏造慰安婦問題が入り込む余地がない事は、十分理解しております。
    余命扇様、お時間を割いて下さり誠にありがとうございました。

    長文になります。
    【戦時 日本人 捕虜尋問報告 第49号】
    アメリカ戦時情報局心理作戦班による慰安婦に関する報告書の全文を日英で掲載します。
    トニー・マラーノ氏、藤木俊一氏からは許可済みです。

    【テキサス親父】慰安婦問題より引用
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    全てのファイル一括ダウンロードする事が可能です。
    詳しくは、こちらをご覧下さい。
    (送られて来た封筒も公文書も見れます)

    資料(1枚目)
    米国国立公文書館よりテキサス親父へ送られて来た封筒と手紙
    Envelope sent by National Archives to confirm the validity of the following documents.
    Recipient Mr. Tony Marano

    資料(2枚目)
    【テキサス親父】慰安婦問題より引用
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    全てのファイル一括ダウンロードする事が可能です。

    アメリカ戦時情報局 心理作戦班
    アメリカ陸軍インド・ビルマ戦域軍所属 APO689
    OFFICE OF WAR INFORMATION
    Psychological Warfare Team
    Attached to
    U.S. Army Forces India-Burma Theater APO 689

    戦時 日本人 捕虜尋問報告 第49号
    Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49.

    尋問場所:レド捕虜収容所
    尋問期間:1944年8月20日~9月10日
    報告年月日 1944年10月1日
    報告者 T/3 
    アレックス・ヨリチ
    Place interrogated: Ledo Stockade
    Date Interrogated: Aug. 20 – Sept. 10, 1944
    Date of Report: October 1, 1944
    By: T/3 Alex Yorichi

    捕虜 朝鮮:人慰安婦20名
    捕獲日:1944年8月10日
    収容所到着日:1944年8月15日
    Prisoners: 20 Korean Comfort Girls
    Date of Capture: August 10, 1944
    Date of Arrival: August 15, 1994 at Stockade

    はじめに
    この報告は、1944年8月10日ごろ、ビルマのミートキナ陥落後の掃討作戦において捕らえられた20名の朝鮮;人「慰安婦」と20名の日本の民間人に対す る尋問から得た情報に基づくものである。
    PREFACE
    This report is based on the information obtained from the interrogation of twenty Korean “comfort girls” and two Japanese civilians captured around the tenth of August, 1944 in the mopping up operations after the fall of Myitkyina in Burma.

    この報告は、これら朝鮮;人「慰安婦」を募集するために日本軍が用いた方法、慰安婦の生活および労働の条件、日本軍兵士に対する慰安婦の関係と反応、軍 事情勢についての慰安婦の理解程度を示している。
    The report shows how the Japanese recruited these Korean “comfort girls”, the conditions under which they lived and worked, their relations with and reaction to the Japanese soldier, and their understanding of the military situation.

    「慰安婦」とは、売春婦、もしくは、「軍を追いかけている売春婦」、つまり「追軍売春婦」以外の何者でもない。
    A “comfort girl” is nothing more than a prostitute or “professional camp follower”

    「慰安婦」という用語は、日本軍特有のものである。この 報告以外にも、日本軍にとって戦闘の必要のある場所ではどこにでも「慰安婦」が存在してきたことを示す報告がある。
    attached to the Japanese Army for the benefit of the soldiers. The word “comfort girl” is peculiar to the Japanese. Other reports show the “comfort girls” have been found wherever it was necessary for the Japanese Army to fight.

    しかし、この報告は、日本人によって雇用され、かつ、ビルマ駐留日本軍に所属している朝鮮;人「慰安婦」だけについて述べるものである。
    This report however deals only with the Korean “comfort girls” recruited by the Japanese and attached to their Army in Burma.

    日本は、1942年にこれらの女性およそ703名を海上 輸送したと伝えられている。
    The Japanese are reported to have shipped some 703 of these girls to Burma in 1942.

    募 集;
    1942年5月初旬、日本の斡旋業者たちが、日本軍によって新たに征服された東南アジア諸地域における「慰安役務」に就く朝鮮;人女性を募集するため、朝鮮に到着した。
    RECRUITING;
    Early in May of 1942 Japanese agents arrived in Korea for the purpose of enlisting Korean girls for “comfort service” in newly conquered Japanese territories in Southeast Asia.

    この「役務」の性格は明示されなかったが、それは病院にいる負傷兵 を見舞い、包帯を巻いてやり、そして一般的に言えば、将兵を喜ばせることにかかわる仕事であると考えられていた。
    The nature of this “service” was not specified but it was assumed to be work connected with visiting the wounded in hospitals, rolling bandages, and generally making the soldiers happy.

    これらの周旋業者が用いる誘いのことば は、多額の金銭と、家族の負債を返済する好機、それに、楽な仕事と新天地シンガポールにおける新生活という将来性であった。
    The inducement used by these agents was plenty of money, an opportunity to pay off the family debts, easy work, and the prospect of a new life in a new land, Singapore.

    このような偽りの説明 を信じて、多くの女性が海外勤務に応募し、数百円の前渡金を受け取った。
    On the basis of these false representations many girls enlisted for overseas duty and were rewarded with an advance of a few hundred yen.

    これらの女性のうちには、「地上で最も古い職業」に以前からかかわっていた者も若干いたが、大部分の女性達は、無知、無教養であった。
    The majority of the girls were ignorant and uneducated, although a few had been connected with “oldest profession on earth” before.

    彼女たちが結んだ契約は、家族の借金返済に充てるために前渡された金額に応じて 6ヵ月から1年程度にわたり、彼女たちを軍の規則と「慰安所の楼主」のための役務の義務を負った。
    The contract they signed bound them to Army regulations and to war for the “house master ” for a period of from six months to a year depending on the family debt for which they were advanced …

    資料(3枚目)
    【テキサス親父】慰安婦問題より引用
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    全てのファイル一括ダウンロードする事が可能です。

    これらの女性およそ800人が、このようにして雇用され、1942年8月20日ごろ、「慰安所の楼主」に連れられてラングーンに上陸した。
    Approximately 800 of these girls were recruited in this manner and they landed with their Japanese “house master ” at Rangoon around August 20th, 1942.

    彼女たちは、8人ないし22人の集団でやって来た。
    They came in groups of from eight to twenty-two.

    彼女たちは、ここ からビルマの諸地方に、通常は日本軍駐屯地の近くにあるかなりの規模の都会に配属された。
    From here they were distributed to various parts of Burma, usually to fair sized towns near Japanese Army camps.

    結局、これらの集団のうちの四つがミートキナ付近に到達した。
    Eventually four of these units reached the Myitkyina.

    それ らの集団は、キョウエイ、キンスイ、バクシンロウ、モモヤであった。
    They were, Kyoei, Kinsui, Bakushinro, and Momoya.

    キョウエイ慰安所は「マルヤマクラブ」と呼ばれていたが、ミートキナ駐屯部隊長の丸山大佐が、彼の名前に似た名称であることに異議を唱えたため、慰安婦たちが到着したさいに改称された。
    The Kyoei house was called the “Maruyama Club”, but was changed when the girls reached Myitkyina as Col.Maruyama, commander of the garrison at Myitkyina, objected to the similarity to his name.

    性 質;
    尋問により判明したところでは、平均的な朝鮮;人慰安婦は25歳くらいで、無教養、幼稚、気まぐれ、そして、わがままである。慰安婦は、日本的基準から いっても白人的基準からいっても、美人ではない。 とかく自己中心的で、自分のことばかり話したがる。
    PERSONALITY;
    The interrogations show the average Korean “comfort girl” to be about twenty-five years old, uneducated, childish, and selfish. She is not pretty either by Japanese of Caucasian standards.

    見知らぬ人の前では、もの静かでとりすました態度を見せるが、「女の手練手管を心得ている」。
    She is inclined to be egotistical and likes to talk about herself. Her attitude in front of strangers is quiet and demure, but she “knows the wiles of a woman.”

    自分の 「職業」が嫌いだといっており、仕事のことについても家族のことについても話したがらない。
    She claims to dislike her “profession” and would rather not talk either about it or her family.

    捕虜としてミートキナやレドのアメリカ兵から親切な扱いを受けた ために、アメリカ兵のほうが日本兵よりも人情深いと感じている。慰安婦は中国兵とインド兵を怖がっている。
    Because of the kind treatment she received as a prisoner from American soldiers at Myitkyina and Ledo, she feels that they are more emotional than Japanese soldiers. She is afraid of Chinese and Indian troops.

    生活および労働の環境;
    ミートキナでは慰安婦たちは、通常、個室のある二階建ての大規模家屋(普通は学校の校舎)に宿泊していた。
    LIVING AND WORKING CONDITIONS;
    In Myitkyina the girls were usually quartered in a large two story house (usually a school building) with a separate room for each girl.

    それぞれの慰安婦は、そこで寝起きし、業を営ん だ。彼女たちは、日本軍から一定の食料を買っていた。
    There each girl lived, slept, and transacted business. In Myitkina their food was prepared by and purchased from the “house master” as they received no regular ration from the Japanese Army.

    ビルマでの彼女たちの暮らしぶりは、ほかの場所と比べれば贅沢ともいえるほどであった。この点はビル マ生活2年目についてとくにいえることであった。
    They lived in near-luxury in Burma in comparison to other places. This was especially true of their second year in Burma.

    食料・物資の配給量は多くなかったが、欲しい物品を購入するお金はたっぷりもらっていたので、彼女たちの 暮らし向きはよかった。
    They lived well because their food and material was not heavily rationed and they had plenty of money with which to purchase desired articles.

    彼女たちは、故郷から慰問袋をもらった兵士がくれるいろいろな贈り物に加えて、それを補う衣類、靴、紙巻きタバコ、化粧品を買うこ とができた。
    They were able to buy cloth, shoes, cigarettes, and cosmetics to supplement the many gifts given to them by soldiers who had received “comfort bags” from home.

    彼女たちは、ビルマ滞在中、将兵と一緒にスポーツ行事に参加して楽しく過ごし、また、ピクニック、演奏会、夕食会に出席した。
    While in Burma they amused themselves by participating in sports events with both officers and men, and attended picnics, entertainments, and social dinners.

    彼女たちは蓄音機をもっていたし、都会では買い物に出かけることが許された。
    They had a phonograph and in the towns they were allowed to go shopping.

    優先順位料金等;
    慰安婦の営業条件は軍によって規制され、慰安所の利用どの高い地域では、規則は厳格に実施された。
    PRIOR SYSTEM;
    The conditions under which they transacted business were regulated by the Army, and in congested areas regulations were strictly enforced.

    利用度の高い地域では、軍は料金、利用優先順位、および 特定地域で作戦を実施している各部隊のための利用時間割り当て制を設ける必要があると考えた。
    The Army found it necessary in congested areas to install a system of prices, priorities, and schedules for the various units operating in a particular areas.

    尋問によれば普通の料金は次のとおりであった。
    According to interrogations the average system was as follows:

    資料(4枚目)
    【テキサス親父】慰安婦問題より引用
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    全てのファイル一括ダウンロードする事が可能です。

    1.兵  午前10時~午後5時 1.5円 20~30分
    2.下士官 午後5時~午後9時 3 円 30~40分
    3.将校 午後9時~午後12時 5 円 30~40分

    1. Soldiers 10 am to 5 pm 1.50 yen 20 to 30 minutes
    2. NCOs 5 pm to 9 pm 3.00 yen 30 to 40 minutes
    3. Officers 9 pm to 12 pm 5.00 yen 30 to 40 minutes

    以上は中部ビルマにおける平均的料金であった。将校は20円で泊まることも認められていたミートキナでは、丸山大佐は料金を値切って相場の半分近くまで 引き下げた。
    These were average prices in Central Burma. Officers were allowed to stay overnight for twenty yen. In Myitkyina Col. Maruyama slashed the prices to almost one-half of the average price.

    利用日割り当て表;
    兵士たちは、慰安所が混んでいるとしばしば不満を訴えた。
    SCHEDULES;
    The soldiers often complained about congestion in the houses.

    規定時間外利用については、軍がきわめて厳しい態度をとっていたので、多くの場合、彼らは用を足さずに引き揚げなければならなかった。
    In many situations they were not served and had to leave as the army was very strict about overstaying.

    この問題を解決するため、軍は各部隊のために特定日を設けた。その日の要員として、通常当該部隊員二名が、隊員の確 認のために慰安所に配置された。
    In order to overcome this problem the Army set aside certain days for certain units. Usually two men from the unit for the day were stationed at the house to identify soldiers.

    秩序を保つため、監視任務の憲兵も見まわった。第18師団がメイミョーに駐留したさい、各部隊のために「キョウエイ」慰安所が使用した利用日割表は、次のとおりである。
    A roving MP was also on hand to keep order. Following is the schedule used by the “Kyoei” house for the various units of the 18th Division while at Naymyo.

    日曜日――第18師団司令部。
    月曜日――騎兵隊
    火曜日――工兵隊
    水曜日――休業日、定例健康診断
    木曜日――衛生隊
    金曜日――山砲兵隊
    土曜日――輜重隊
    Sunday 18th Div. Hdgs. Staff
    Monday Cavalry
    Tuesday Engineers
    Wednesday Day off and weekly physical exam.
    Thursday Medics
    Friday Mountain artillery
    Saturday Transport

    将校は週に夜7回利用することが認められていた。
    Officers were allowed to come seven nights a week.

    慰安婦たちは、日割表どおりでも利用度がきわめて高いので、すべての客を相手にすることはできず、その 結果、多くの兵士の間に険悪な感情を生みだすことになるとの不満をもらしていた。
    The girls complained that even with the schedule congestion was so great that they could not care for all guests, thus causing ill feeling among many of the soldiers.

    兵士たちは慰安所にやって来て、料金を支払い、厚紙でこしらえた約2インチ四方の利用券を買ったが、それには左側に料金額、右側に慰安所の名称が書かれて いた。
    Soldiers would come to the house, pay the price and get tickets of cardboard about two inches square with the prior on the left side and the name of the house on the other side.

    次に、それぞれの兵士の所属と階級が確認され、そののちに兵士は「列をつくって順番を待った」。
    Each soldier’s identity or rank was then established after which he “took his turn in line”.

    慰安婦は接客を断る権利を認められていた。接客拒否 は、客が泥酔している場合にしばしば起こることであった。
    The girls were allowed the prerogative of refusing a customer.This was often done if the person were too drunk.

    報酬および生活状態
    「慰安所の楼主」は、それぞれの慰安婦 が、契約を結んだ時点でどの程度の債務額を負っていたかによって差はあるものの、慰安婦の稼ぎの総額の50ないし60パーセントを受け取っていた。
    PAY AND LIVING CONDITIONS;
    The “house master” received fifty to sixty per cent of the girls’ gross earnings depending on how much of a debt each girl had incurred when she signed her contract.

    これ は、慰安婦が普通の月で総額1500円程度の稼ぎを得ていたことを意味する。慰安婦は、「楼主」に750円を渡していたのである。多くの「楼主」は、食 料、その他の物品の代金として慰安婦たちに多額の請求をしていたため、彼女たちは生活困難に陥った。
    This meant that in an average month a girl would gross about fifteen hundred yen. She turned over seven hundred and fifty to the “master”. Many “masters” made life very difficult for the girls by charging them high prices for food and other articles.

    1943年の後期に、軍は、借金を返済し終わった特定の慰安婦には帰国を認める旨の指示を出した。その結果、一部の慰安婦は朝鮮に帰ることを許された。
    In the latter part of 1943 the Army issued orders that certain girls who had paid their debt could return home. Some of the girls were thus allowed to return to Korea.

    さらにまた、尋問が明らかにしているところによれば、これらの慰安婦の健康状態は良好であった。彼女たちは、あらゆるタイプの避妊具を十分に支給されてお り
    The interrogations further show that the health of these girls was good. They were well supplied with all types of contraceptives, and often soldiers would bring their own which

    資料(5枚目)
    【テキサス親父】慰安婦問題より引用
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    全てのファイル一括ダウンロードする事が可能です。

    また、兵士たちも、軍から支給された避妊具を自分のほうからもって来る場合が多かった。慰安婦は衛生に関して、彼女たち自身についても客についても気 配りすように十分な訓練を受けていた。
    had been supplied by the army. They were well trained in looking after both themselves and customers in the matter of hygiene.

    日本軍の正規の軍医が慰安所を週に一度訪れたが、罹患していると認められた慰安婦はすべて処置を施され、隔離された のち、最終的には病院に送られた。
    A regular Japanese Army doctor visited the houses once a week and any girl found diseased was given treatment, secluded, and eventually sent to a hospital.

    軍そのものの中でも、まったく同じ処置が施されたが、興味深いこととしては、兵士は入院してもその期間の給与をもらえな くなることはなかったという点が注目される。
    This same procedure was carried on within the ranks of the Army itself, but it is interesting to note that a soldier did not lose pay during the period he was confined.

    日本の軍人に対する反応;
    慰安婦と日本軍将兵との関係において、およそ重要 な人物としては、二人の名前が尋問から浮かび上がっただけである。
    REACTIONS TO JAPANESE SOLDIERS;
    In their relations with the Japanese officers and men only two names of any consequence came out of interrogations.

    それは、ミートキナ駐屯部隊指揮官の丸山大佐と、増援部隊を率いて来た水上少将であった。 両者の性格は正反対であった。
    They were those of Col. Maruyama, commander of the garrison at Myitkyina and Maj. Gen. Mizukami, who brought in reinforcements. The two were exact opposites.

    前者は、冷酷かつ利己的な嫌悪すべき人物で、部下に対してまったく思いやりがなかったが、後者は、人格のすぐれた心のやさし い人物であり、またりっぱな軍人で、彼のもとで仕事をする人たちに対してこの上ない思いやりをもっていた。
    The former was hard, selfish and repulsive with no consideration for his men; the latter a good, kind man and a fine soldier, with the utmost consideration for those who worked under him.

    大佐は慰安所の常連であったのに対し、後者が慰 安所にやって来たという話は聞かなかった。ミートキナの陥落と同時に丸山大佐は脱出してしまったものと思われるが、水上将軍のほうは、部下を撤退させること ができなかったという理由から自決した。
    The Colonel was a constant habitué of the houses while the General was never known to have visited them. With the fall of Myitkyina, Col. Maruyama supposedly deserted while Gen. Mizukami committed suicide because he could not evacuate the men.

    兵士たちの反応;
    慰安婦の一人によれば、平均的な日本軍人は、「慰安所」にいる ところを見られるのをきまり悪がり、彼女が言うには、「慰安所が大入り満員で、並んで順番を待たなければならない場合には、たいてい恥ずかしがる」そうで ある。
    SOLDIERS REACTIONS;
    The average Japanese soldier is embarrassed about being seen in a “comfort house” according to one of the girls who said, “when the place is packed he is apt to be ashamed if he has to wait in line for his turn”

    しかし、結婚申し込みの事例はたくさんあり、実際に結婚が成立した例もいくつかあった。
    However there were numerous instances of proposals of marriage and in certain cases marriages actually took place.

    すべての慰安婦の一致した意見では、彼女たちのと ころへやって来る将校と兵士のなかで最も始末が悪いのは、酒に酔っていて、しかも、翌日戦前に向かうことになっている連中であった。
    All the girls agreed that the worst officers and men who came to see them were those who were drunk and leaving for the front the following day.

    しかし、同様に彼女た ちが口を揃えて言うには、日本の軍人は、たとえどんなに酔っていても、彼女たちを相手にして軍事にかかわる事柄や秘密について話すことは決してなかった。
    But all likewise agreed that even though very drunk the Japanese soldier never discussed military matters or secrets with them.

    慰安婦たちが何か軍事上の事柄についての話を始めても、将校も下士官や兵士もしゃべろうとしないどころか、「そのような、女にふさわしくないことを話題にす るな、といつも叱ったし、そのような事柄については丸山大佐でさえ、酒に酔っているときでも決して話さなかった」。
    Though the girls might start the conversation about some military matter the officer or enlisted man would not talk, but would in fact “scold us for discussing such un-lady like subjects. Even Col. Maruyama when drunk would never discuss such matters.”

    しばしば兵士たちは、故郷か らの雑誌、手紙、新聞を受け取るのがどれほど楽しみであるかを語った。
    The soldiers would often express how much they enjoyed receiving magazines, letters and newspapers from home.

    彼らは、缶詰、雑誌、石鹸、ハンカチーフ、歯ブラシ、小さな人形、口紅、下駄などが いっぱい入った「慰問袋」を受け取ったという話もした。口紅や下駄は、どう考えても女性向きのものであり、慰安婦たちには、故郷の人びとがなぜそのような 品物を送ってくるのか理解できなかった。
    They also mentioned the receipt of “comfort bags” filled with canned goods, magazines, soap, handkerchiefs, toothbrush, miniature doll, lipstick, and wooden clothes. The lipstick and cloths were feminine and the girls couldn’t understand why the people at home were sending such articles.

    彼女たちは、送り主にしてみれば、自分自身つまり「本来の女性」を心に描くことしかできなかったのであろうと推測した。
    They speculated that the sender could only have had themselves or the “native girls”.

    資料(6枚目)
    【テキサス親父】慰安婦問題より引用
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    全てのファイル一括ダウンロードする事が可能です。

    軍事情勢に対する反応;
    慰安婦たちは、彼女たちが退却し捕虜になる時点まで、さらにはその時点においても、ミートキナ周辺の軍事情勢については、ほとんど何も知らなかったようで ある。しかし、注目に値する若干の情報がある。
    REACTION TO THE MILITARY SITUATION;
    It appears they knew very little about the military situation around Myitkyina even up to and including the time of
    their retreat and capture. There is however some information worth nothing:

    「ミートキナおよび同地の滑走路に対する最初の攻撃で、約200名の日本兵が戦死し、同市の防衛要員は200名程度になった。弾薬量はきわめて少なかっ た。」
    “In the initial attack on Myitleyna and the airstrip about two hundred Japanese died in battle, leaving about two hundred to defend the town. Ammunition was very low.

    「丸山大佐は部下を散開させた。その後数日間、敵は、いたる所で当てずっぽうに射撃していた。これという特定の対象を標的にしているようには思われなかったから、むだ撃ちであった。これに反して、日本兵は、一度に一発、それも間違いなく命中すると判断したときにのみ撃つように命令されていた。」 
    “Col. Maruyama dispersed his men. During the following days the enemy were shooting haphazardly everywhere. It was a waste since they didn’t seem to aim at any particular thing. The Japanese soldiers on the other hand had orders to fire one shot at a time and only when they were sure of a hit.”

    ミートキナ周辺に配備されていた兵士たちは、敵が西滑走路に攻撃をかける前に別の場所に急派され、北部および西部における連合国軍の攻撃を食い止めようとし た。
    Before the enemy attacked on the west airstrip, soldiers stationed around Myitkyina were dispatched elsewhere, to storm the Allied attack in the North and West.

    主として第114連隊所属の約400名が取り残された。明らかに、丸山大佐は、ミートキナが攻撃されるとは思っていなかったのである。
    About four hundred men were left behind, largely from the 114th Regiment. Evidently Col. Maruyama did not expect the town to be attacked.

    その後、第56歩 兵団の水上少将がニ箇連隊〔小隊〕以上の増援部隊を率いて来たものの、それをもってしても、ミートキナを防衛することはできなかった。
    Later Maj. Gen. Mizukami of the 56th Division brought in reinforcements of more than two regiments but these were unable to hold the town.

    慰安婦たち の一致した言によれば、連合国軍による爆撃は度肝を抜くほど熾烈であり、そのため、彼女たちは最後の時期の大部分を蛸壺〔避難壕〕のなかで過ごしたそうで ある。
    It was the consensus among the girls that Allied bombings were intense and frightening and because of them they spent most of their last days in foxholes.

    そのような状況のなかで仕事を続けた慰安婦も1、2名いた。慰安所が爆撃され、慰安婦数名が負傷して死亡した。
    One or two even carried on work there. The comfort houses were bombed and several of the girls were wounded and killed.

    資料(7枚目)
    【テキサス親父】慰安婦問題より引用
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    全てのファイル一括ダウンロードする事が可能です。

    宣 伝;
    慰安婦たちは、使用されていた反日宣伝リーフレットのことは、ほとんど何も知らなかった。慰安婦たちは兵士が手にしていたリーフレットを2、3見たことは あったが、それは日本語で書かれていたし、兵士は彼女たちを相手にそれについて決して話そうとはしなかったので、内容を理解できた慰安婦はほとんどいな かった。一人の慰安婦が丸山大佐についてのリーフレット(それはどうやらミッチナ駐屯部隊へのアピールだったようであるが)のことうを覚えていたが、しか し、彼女はそれを信じなかった。兵士がリーフレットのことを話しあっているのを聞いた慰安婦も何人かいたが、彼女たちたまたま耳にしたからといって、具体 的な話を聞くことはなかった。しかし、興味深い点としては、ある将校が「日本はこの戦争に勝てない」との見解を述べたことが注目される。

    要 望;
    慰安婦のなかで、ミートキナで使用された拡声器による放送を聞いた者は誰もいなかったようだが、彼女たちは、兵士が「ラジオ放送」のことを話しているのを 確かに聞いた。
    REQUESTS
    None of the girls appeared to have heard the loudspeaker used at Myitkyina but very did overhear the soldiers mention a “radio broadcast.”

    彼女たちは、「慰安婦」が捕虜になったことを報じるチラシは使用しないでくれ、と要望した。彼女たちが捕虜になったことを軍が知ったら、たぶん他の 慰安婦の生命が危険になるからである。
    They asked that leaflets telling of the capture of the “comfort girls” should not be used for it would endanger the lives of other girls if the Army knew of their capture.

    しかし、慰安婦たちは、自分たちが捕虜になったという事実を報じるチラシを朝鮮で計画されているのは名案であろうと、確かに考えたのである。
    They did think it would be a good idea to utilize the fact of their capture in any droppings planned for Korea.

    資料(8枚目)
    【テキサス親父】慰安婦問題より引用
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm
    全てのファイル一括ダウンロードする事が可能です。

    付録A
    以下はこの報告に用いられた情報を得るために尋問を受けた20人の朝鮮;人「慰安婦」と日本人民間人2人の名前である。朝鮮;人名は音読みで表記してい る。

        名  年齢   住 所
     1 「S」 21歳 慶尚南道晋州
     2 「K」 28歳 慶尚南道三千浦〔以下略〕
     3 「P」 26歳 慶尚南道晋州
     4 「C」 21歳 慶尚北道大邱
     5 「K」 27歳 慶尚南道晋州
     6 「K」 25歳 慶尚北道大邱
     7 「K」 19歳 慶尚北道大邱
     8 「K」 25歳 慶尚南道釜山
     9 「K」 21歳 慶尚南道クンボク
                 (ママ)
     10 「K」 22歳 慶尚南道大邱
     11 「K」 26歳 慶尚南道晋州
     12 「P」 27歳 慶尚南道晋州
                 (ママ)
     13 「C」 21歳 慶尚南道慶山郡〔以下略〕
     14 「K」 21歳 慶尚南道咸陽〔以下略〕
     15 「Y」 31歳 平安南道平壌
     16 「O」 20歳 平安南道平壌
     17 「K」 20歳 京畿道京城
     18 「H」 21歳 京畿道京城
     19 「O」 20歳 慶尚北道大邱
     20 「K」 21歳 全羅南道光州

    日本人民間人
     1  キタムラトミコ  38歳 京畿道京城
     2  キタムラエイブン 41歳 京畿道京城

    *****
    これからの時代を生き抜くために、「余命三年時事日記」の情報は欠かせません。余命翁様、余命サポーターの皆様、花菱様、LA 郊外より応援しています。お身体ご自愛下さいませ。

  18. 連投ごめんなさい。韓国が主張する慰安婦の人数20万人は、多くの方々が指摘するようにおかしな数字です。

    当時の日本軍は250万ほどのようで、一番多かったのは日本人の慰安婦ですが、総数の正確な人数は不明なので、過去の色々な資料から多くの人が推測しています。
    在日朝鮮人から見た韓国の新聞という下記のサイトによると↓
    http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/tag/%E5%90%89%E8%A6%8B%E7%BE%A9%E6%98%8E
    「慰安婦の6~7割が日本人女性とすると、朝鮮人と中国人を合わせると50万人。比率から言うと日本人慰安婦は100万人はいたことになります。150万人の慰安婦と行為に耽ていたら、そりゃあ戦争に勝てないでしょうし、その前にお金がもたないでしょう」
    とありますが、日本兵の数を考えても慰安婦が多すぎる異様な数字です。当時の朝鮮総督府の人口に関する記録は数種類あって、韓国人が強制連行されているのに戦時中に著しく人口が増加しており、韓国人慰安婦のほとんどが戦争で死んだことになっているのに増加は矛盾している等、おかしな点をあげたらきりがありません。

    このあたりの関係で、英文のいい資料があればいいのにと思う次第です・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA