422 クミ トービン殿へのメッセージ

クミ ト∸ビン殿へのメッセージ
年初から米国、カナダからの投稿が急増している。ほとんどが慰安婦問題の関連であるが、ブログ立ち上げ以降、まったくタッチしてこなかった問題であるだけに多少困惑している。
 余命ブログは「日本再生」という目的を持ったブログであって論戦の場ではない。したがって目的に関係のないテーマは枝葉末節として排除される。今般の慰安婦問題との関わりは、安倍総理の「日本を取り戻す」手法として使われたことによるものだ。
 余命としては関与する問題ではないが、安倍総理のメッセージが、とくに米国には伝わっていないように思えるので、これを機会に一度検証しておきたい。

 韓国と在日、反日勢力という存在は日本だけでなく、世界の足かせである。これの駆除に7月8日に外国人登録法を廃止し新規のカード登録制度導入、通名の事実上の廃止、国籍確定、居住の特定、テロ3法施行、マイナンバー制度施行と矢継ぎ早に手を打ってきた。
 慰安婦問題は韓国朴槿恵の告げ口外交、たかりと反日封じには解決しなければならない問題であった。中国経済が急速に冷え込み、連鎖として韓国経済が悪化するのに伴い、10月には政治的問題はとぼけてスワップをはじめとするすり寄り外交がみえはじめていた。
 安倍政権としては、これらの動きを封じて次のステップに進むために臨時国会を召集せず、慰安婦問題は一気に解決するタイミングを狙っていたのが11月までの状況である。
 知る人ぞ知るであるが、11月半ばからは北朝鮮の核実験準備の情報がちらほらとしてきて、2016年早々には確実視されていた。官邸は満を持していたのであり、周辺にも動きをほとんど見せなかった。28日の合意にかなりの反発があったのはそのためである。
しかし安倍総理としてはそれは覚悟の上で、「責任は私が持つ」と明言している。
 この関係について余命は26日の読者の質問への回答として会談前日27日と28日にコメントを出している。会談への流れとその後の展開についてであるが、ごく常識的なものである。その中で朴槿恵は進退いずれも地獄で全面降伏しかないと記述している。全面降伏は韓国国内が大混乱となるのでそれはないとみていたが、さすがに経済を考えると拒否できなかったのだろう白旗が上がった。結局、現状の国内大混乱である。
 合意直後の余命のコメントは、不謹慎な話だが、官邸は前科数十犯の韓国などまったく信じていないと切り捨てている。要するに時間稼ぎであった。なぜ?いつまで?については「おそくとも3月まで...」という微妙な表現をしている。これはおそくとも3月までには慰安婦問題に不可逆なめどをつけておきたいということで、そのタイミングで米を保証人に設定したということである。
 また米国の日系人の考え方が日本と違う部分がある。この冷却に二、三ヶ月は必要だったということもあるだろう。米国から投稿されている記事は安倍批判一色であるが、当ブログの読者の間では、現状ではまったく批判の声はなく乖離している。
 慰安婦問題を個別の事案としてみるか、日韓関係全体の問題としてみるかという立ち位置だけで評価は変わるので客観的立場でも論評は不可能である。集約は不可能だろう。

 さて、余命がアップした9人の侍である。個人的には電話一本、メール一本のつながりも面識もないが、独断と偏見でキーパースンとさせていただいた。迷惑な方もいるかと思うが乞うご容赦。
 このメンバーをみてすぐに気がつかれた方も多いだろう。慰安婦問題、グレンデール、サンフランシスコ事案にもかかわらず日系人が皆無である。ケント氏、トニー氏も米国人で、他のメンバーは日本人である。
 ここが重要なポイントで、安倍総理のメッセージもここにある。安倍総理が自爆スタイルをつくってまで慰安婦問題を大きくしたのは、米国における中韓の運動は国ぐるみであり、いちいち枝葉末節の対応では解決できない、根幹をたたき切る必要があるという戦略であって、これは余命も全く同様の考えで対応してきたところである。

 韓国への対応として、まず国内の在日と反日勢力の駆逐がはかられている。直接的には冒頭記述したように在日暴力団組織は国際テロリストとして壊滅できる法整備が完了している。
 現在、オバマ大統領によるヤクザに対する口座凍結が実施されているが、規模は小さい。
北朝鮮の核実験による経済制裁の措置として、すでに日本では在日暴力団組織が集団通報されているメンバーを国連安保理テロ委員会に登録させるだけで、日本では自動的に国際テロリストとして認定、強制送還という法整備が整っているのである。
 共和党を使うのも良し、民主党を使うのも良し。大統領選を控えて、北朝鮮の核開発の資金源を放置してきたオバマの責任は大きい。今は絶好のチャンスであることを確認してほしいものだ。

 慰安婦問題の根源は朝日新聞である。現在、日本では朝日新聞集団訴訟として進行中であるが、訴訟原告団の弁護士が日弁連傘下というプロレスである。単なるガス抜きに過ぎない。米国において、この捏造被害者が訴訟を起こす意味は大きい。日本では米国人弁護士は訴訟代理人にはなれないのだ。
 世界の有力紙に少なくとも1週間や10日間の一面全面謝罪広告くらいは必要であろうし、損害賠償は青天井でもいいだろう。
 大規模な集団訴訟を構える必要はない。弁護士と10人もいれば充分である。必要であれば1万人でも2万人でも原告は追加できる。この件については、すでに余命ブログにおいて読者に予告してある。日系のみなさんは知らないことだがブログと書籍に「3月か4月には集団訴訟を予定している」として3000円程度の寄付のお願いまでしているのである。当事者本体が動かなければ話にならないだろう。

 これは日系米国人に限ったことではないが、現在、日本においては米国人は韓国人よりもとんでもない差別を受けている。
 たぶん気がついていないのだと思うが、入管での指紋押捺は韓国人は免除である。入管検査の際、韓国人は日本人と扱いは同じだが米国人は別扱いだ。犯罪においても韓国人は殺人を犯しても強制送還はないが、米国人は軽犯罪でも即お帰りである。年金の積み立てをしなくてももらえたり、生活保護などはとんでもない差別を受けている。
 少なくとも日系人が率先して特別扱い?人種差別の撤回を日本政府に要求すべきであろう。これが訴訟となった場合においても、余命は支援の用意がある。

 こういう余命の段取りの中に慰安婦問題が入り込む余地がないことをおわかりいただけたであろうか。クミ ト∸ビン殿には、この現状をしっかりと把握していただいて、日系の方々にお伝えいただきたい。連絡は当分、このブログ上に投稿いただければと思う。
またの情報をお待ちしている。

クミ ト∸ビン
余命翁様、お忙しい中、お返事を頂き感謝します。
西海岸、LA 郊外より再度投稿致します。

日系の方々の連携について、お答えします。
多種多様化しており異種混合的な文化であり、弱いと実感してます。在米歴38年の、クリス良庵三宅氏が日系の方々と交流されています。日本人の団体は、下記の西海岸と東海岸を挙げてみました。

【西海岸】 No. 1
クリス良庵三宅氏
「L.A・日本をよみがえらせる会」代表。
LAから事実、提言、話題を発信。北米日台同盟会長。
LA在住38年、2016年1月14日より台湾に行かれており、現在は、日系敬老ホーム4施設の売却阻止に向けて活動中。日系人との繋がりがある方です。
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/
LA 発、よみがえれ我が祖国・日本を発信、Facebook 、Twitterで拡散されています。
https://www.facebook.com/ryouansensei
https://twitter.com/ryouansensei
E∸mail :yumemakuraclub@yahoo.co.jp

【西海岸】 No. 2
https://gahtjp.org/  
「歴史の真実を求める世界連合会」 GAHT US
元南カリフォルニア大学教授で日本再生研究会(南カ)会長の目良浩一、貿易商の水島一郎、旅行業の高橋光郎の在米組が名を連ねています。
昨年は、ブラジル、サンパウロにも支援団体ができ、日系人の多くの団体が集まり支援をしてくれる事になりました。嬉しいことです。
2016年3月は、国連の女性の地位向上委員会へのイベントをニューヨークで開催予定です。
GAHT-US CORPORATION  E-mail: info@gahtusa.orgmailto:info@gahtusa.org

【東海岸】 No. 3
「ニューヨーク正論の会」鈴木規正氏・・余命翁様の2016年キーマンのおひとり

2016年1月15日 鈴木規正氏が安倍総理へ送った質問状です。
【公開質問状】
平成二十八年一月十五日
日本国首相官邸御中
平成二十七年十二月二十八日付「従軍慰安婦問題」に関する日韓政府合意への質問状
内閣総理大臣 安倍晋三殿
これはアメリカ合衆国東部ニューヨーク市及び近郊に在住する、日韓合意を懸念する日本人から安倍総理大臣へ宛てた公開質問状です。
昨年四月二十九日、安倍総理は米国上下両院議会の歴史的演説において、第二次大戦末期の硫黄島の話をされました。主義主張を超えて、日米が戦った過去も超えて、すべての人の心に残る、演説の中でも最も感動的な場面であったと思います。
 今回の日韓合意の内容を聞いた私たち在米日本人の中に、祖国の硫黄島に想いを寄せたという声がありました。
それは、あの戦場を戦い抜いた日本兵への感謝であり、同時に彼等が味わったであろう絶望に似た何かです。
 絶望とは、本土から「救援は送れない。自分達だけで最後まで戦ってくれ」と通告された現実であります。
 私たち在米日本人は、何もしない日本政府と外務省、まったく協力する姿勢の見られない日本国大使館の代わりに、中国・韓国が国家を挙げて繰り広げる様々な反日活動に対し、民間人として戦後日本人の名誉を回復するための行動をそれぞれが展開してきました。
 特に、米国における捏造の「日本軍による強制連行被害者慰安婦」の像や石碑の設置をなんとか食い止め、撤去するように訴えてきました。
 米国での私たちの運動は悪戦苦闘であり、その根本にあるのは「日本政府が慰安婦強制連行という戦争犯罪を認めている」と世界に広まっている事実誤認です。過去に発表された河野談話や村山談話がそれです。
 苛酷な足枷をひきずりなから、私たちはいつの日か日本政府が援助に乗り出し、歴史の真実が白日の下に明かされることを信じてきました。米国及び国際社会の中で敗戦後の日本人の名誉が回復し、先祖や英霊の伝えたかったものを受けとめ、さらに将来の子供達が日本人の誇りを受け継いでいくのだと、それぞれの心に希望の灯をともしつづけてきました。
しかし突然、絶望の通告が昨年十二月二十八日にやってきました。
 日本政府が、「軍による朝鮮人慰安婦強制連行を認め、謝罪と賠償金を韓国政府に払う合意をした」と知った時、私達は言葉を失いました。まさに私達は硫黄島の日本兵のように「救援は送れない。自分達だけで最後まで戦ってくれ」と言い渡されたのです。
 米国を巻き込んだ卑劣な反日工作に立ち向かってきた在米日本人の唯一のよりどころである歴史の真実が、こともあろうに自分の国の政府から否定されました。
私達は、自分の国から見捨てられたのでしょうか?
下記の質問に対し、安倍総理大臣からの責任あるご回答を求めます。
 一. 歴史の真実に基づき、日本国の誇りと尊厳を海外アメリカで守る行動をしている日本人にとって、安倍総理はなぜ我々の行動基盤である「慰安婦強制連行に日本軍の関与は無い」という歴史の真実を否定するような合意を韓国政府と交わされるのでしょうか?
 捏造であることがわかっている韓国側の主張に対し、なぜ断固とした立場を取らず、日本軍による性奴隷説(Sex Slavery)を世界に広めるような妥協をされるのですか。
 二. 韓国に対する賠償はすでに1965年の日韓基本条約で解決しているにもかかわらず、なぜ再び日本人の税金を使い10億円もの保障を韓国に対してしなければならないのですか。そのことで、将来の日本人を歴史の事実を問う法廷で救うことができたとお考えでしょうか。
 三. 我々在米日本人に対して、安倍総理がどのようにお考えか、お教え下さい。
 日本の真実と名誉を訴える我々日本人の行動をやめさせたいのでしょうか。政府として応援するつもりがあるのでしょうか。
四. アメリカ合衆国東部ニューヨーク市及び近郊において、日本を貶めようとする中国・韓国の反日工作に対し、今後、現地の日本人はどう対処したら良いのでしょうか。
 五. 今回の合意により、米国および世界では慰安婦は性奴隷(Sex Slavery)という認識がさらに定着しました。しかし、これは事実と異なるものです。
 今後、日本政府はどのようにこの誤った認識を正すつもりなのでしょうか。また、我々在米日本人は、どのように政府と協力して行けるでしょうか。
 以上、安倍総理からご回答を下さいますよう、強くお願いする次第です。
アメリカ合衆国ニューヨーク州 安倍総理宛て質問状への回答を求める日本人賛同者代表 ニューヨーク正論の会 鈴木規正

http://nadesiko-action.org/?p=7854
2015年3月の「テキサス★ナイト in NYC 」のイベント情報でした。
こちらに余命翁様の「2016年のキーマン」の内の6名が集合しています。(藤井実彦、藤木俊一、山本優美子、鈴木規正、トニ∸・マラ∸ノ、高橋史郎) 素晴らしいですね。

【東海岸】 No. 4
「日本まほろば支援局」
https://www.facebook.com/jpnmahorobasupport

日本まほろば支援局は、日本社会・文化をよりよく理解するための情報、提言の発信と交換、及び親睦の場としてつくられました。

余命翁様、チ∸ムの皆様、LA 郊外より応援しています。
寒い日が続いております。お身体ご自愛下さいませ。

ジィ
余命さま
毎回多くの貴重な情報、ご提供いただき大変感謝しております。私くしはカナダ西海岸に通算10年以上暮らしておりますが、当地の戦後日本からやってきた人たちで作る日系社会は必ずしも日本人だけではないようで、正確な数値を把握する事は出来ませんが3~4割くらいのなりすましの存在を感じており当然その中には学会系も含まれます。中韓の国防動員法が施行された際における当地の日本人保護の連携の必要性を痛感しておりますが、お花畑が多いのとなりすましを見極めるのが難しくどうしたものか、悩んでおる日々です。
.....中韓ともに意図的だとは思うが、国防動員法はいい加減なので、説明には苦労している。とくに韓国は有事棄民方針であるから悲惨なことになるだろう。危惧されている点については、それなりに余命も動きたい。

“422 クミ トービン殿へのメッセージ” への61件のフィードバック

  1. 爺様、並びに皆様、ドサンピンでございます。
    今回のブログ内容とは異なりますが、後発(ジェネリック)医薬品の件について、当方より申し添えたいことがございます。

    当方の一家は、先に申し上げました通り、かなり貧窮している家計状況にあります。
    したがいまして、経済的困窮という理由により、
    先発品に切り替えたくとも金銭的余裕なく困難な状況にあります。
    現在私は、皮膚科・整形外科・歯科・泌尿器科・眼科・精神神経科・内科と
    実に七科もの診療科を梯子せざるを得ぬ状況であります。
    そんな有様で処方して頂いている薬をすべて先発品に切り替えたら……
    ここにいらっしゃる賢明な皆様方であれば結果は四の五の語るまでもございますまい。
    故に、必然的に硬派t心に頼らざるを得ません。
    上記の診療科の多さに半信半疑の方もいらっしゃいましょうから、
    一例として、普段私が常用している薬を列挙いたします。

    ・下記内服薬はいずれも一回の通院につき30日分、頓服薬デパスは30錠である。
     無記名のものは1日1回服用である。

    クラリチン10mg
    アタラックスP25mg 2回
    IPDカプセル100mg 2回
    デパス0.25mg
    ルネスタ1mg

    ・下記外用薬は約30日分の量として想定してある。

    リンデロンVGクリーム 150g
    同 軟膏 100g
    プロトピック軟膏0.1% 30g
    ダイアコートクリーム 30g
    アンテベートローション0.05% 100g
    レスタミンコーワクリーム 100g
    親水クリーム 200g
    ドレニゾンテープ 25枚

    ・点眼薬 いずれも一本

    キサラタン2.5ml
    パタノール5ml
    タリビッド眼軟膏0.3%
    フラビタン眼軟膏0.1%

    予め申し上げますが、<分量の桁は間違えておりません>。 これで一か月分であります。
    しかもこれは常用薬です。 症状悪化の際は、ほかにルリコンクリーム等臨時で出される薬も当然あります。
    この種類と量をすべて先発で賄えとなると、諭吉が何枚かっ飛ぶか想像したくありません。 愚劣千万の極みであります。
    可能な限りすべてを後発品とした場合、トータルの薬代は3割負担の場合、13000円前後ですみます。
    従いまして、ここの話題となっている、あたかも先発品至上主義とも受け取られかねぬ
    (少なくとも私個人としてはそのような風潮と受け取った)話題の流れに対しては、
    声を大にして断固反対、到底受け入れられぬ立場を表明させていただきます。
    後発品にも、素人目でも国産とわかるSato・POLA・岩城製薬といった立派なメーカーもございます。
    そういった信頼性の高い出所から発売されている後発薬まで見境なく忌避するは、
    はっきり申し上げてその方の知性を疑います。

    そこで私からの代案です。

    ジェネリック処方箋医薬品に、使用している原料すべての生産国、製薬行程の加工国、発売元の所在国、
    すべてに対して国と住所をお医者さんの先生や薬剤師さんに全部が丸っとわかるように
    バーコード表示を罰則付きで義務付けるのです。
    そうすれば中国韓国インド製のようなヤバイ薬は自然に駆逐され、国産・台湾産・ベトナム産など
    マトモな出所の薬だけが残っていくでしょう。

    今から薬をすべて先発品に切り替えようと考えていらっしゃる方はどうか早まらず、
    その薬の出所を自力で調査するかお医者さんに聞くかなり、可能な限り出所を調べましょう。
    それが賢い患者としての在り方であると私は主張いたします。

    1. 大量の「偽装日本人」が、安全保障を揺るがす
      増加の一途をたどる「二重国籍」の根深い問題
      なぜ二重国籍者が増えるのか。山脇 康嗣氏
      http://goo.gl/S0sZyp

      なぜ二重国籍者が増えるのか。山脇 康嗣氏
      https://youtu.be/qQdnIg0W7qQ

      二重国籍者の数は、推定で40~50万人。山脇 康嗣氏
      https://youtu.be/3gXH2hJB8L8

      余命3年氏の号外にあった様な?
      取敢えず、40万~50万人もスパイがいることに成るわけだね。

  2. 追記です。

    誤;
    故に、必然的に硬派t心に頼らざるを得ません。

    正:
    故に、必然的に後発品に頼らざるを得ません。

  3. 【西海岸】 No. 2 について
    >元南「カリフォルニア」大学教授で日本再生研究会(南カ)会長の目良浩一、
    >貿易商の「水」島一郎、旅行業の高橋「光」郎の在米組が名を連ねています。

    「」がやや気になります。

    【公開質問状】 について
    >日本政府が、「軍による朝鮮人慰安婦強制連行を認め、謝罪と賠償金を韓国政府に払う合意をした」と知った時、私達は言葉を失いました。

    政府は「強制」連行など認めていないのですが、反日新聞(米にもあります)に踊らされているのでは?
    「賠償金」というのも違いますよね。
    情報の取り方に問題があると思います。

    >性奴隷(Sex Slavery)という認識がさらに定着

    外務省の文書にはそう書いていないですが...
    反日新聞&情報の取り方...以下略

    ジィさん
    「私くし」が少し気になります。

    余命さんも言ってますが日本と違って訴訟とかがやり易い国なのでお二方とも
    動いて頂いた方が「日本の為」になると思います。

    1. ご質問の「私くし」がお気に召さない様ですが、わたしは終戦の生まれです。学校教育での言葉づかいの違いではと感じますが!!!現代人は「わたしども」と表現しますが以前は「わたくしども」と言うのが丁寧、丁重な表現だったようですね!失礼しました。

      1. ジィ様へ

        謝る必要を感じません。ワタクシが丁寧です(ジィ様より遅れて5.6年遅れて生を受けましたが)(敢えてお兄様と呼ばせていただきたいわ。)

        余命お兄様とも呼びたいアタクシですわ。(お若い方からしたら爺様になるのね)

  4.  オバマは訳があって北朝鮮を放置していたんでしょうね。
    結果だけを見ると、日本は韓国を抑えこむカードを一枚手にし、さらに在日の一部を強制送還する手段を手に入れましたね。
    そこに、第三次世界大戦におけるグループ分けの噂を考慮すると、米国から日本へのプレゼントでしょうね、あまりにもタイミングが良すぎるから。

  5. 余命爺様・スタッフの方々様

     本日は積雪・・・東京も何cmか積もりましたが、現在雨になっているので、午後には消えるかしら?という所ですが、余命爺様やスタッフの方々様のいらっしゃる所もそのような感じでしょうか?
    ともかく、寒いです。ですが、在日・反日売国奴駆逐に向けて、必ず春が来ると信じて堪えます!

     さて、在米の頑張られていらっしゃる日系人(日本人?だと、こくせは日本?日系人だと国籍は米ですよね?・・・基本的な事も頭にない勉強不足で申し訳ありません)には、今まで政府が支援どころか、河野・村山談話等という背後から射撃するような事をされていたので、情報精査(在米にも反日新聞等のメディアが結構あるようですから)の前に『怒り』が出てしまっているのでしょうかね?
    日本政府HPやザクザク(在米でも、テキサス親父ことトニー氏が記事を書いているコーナーもあるので知ってるとは思うんですが・・・)を見れば『日本政府の強制連行を認める』やら『賠償金』なんて言葉は出ないのですが。

    今まで政府の援護射撃が出来ないのも、全ては日本国内に巣くう『在日・反日売国奴』が大きな原因であり、迂闊に援護射撃しても『日本国内の在日・反日売国奴が、味方の日本人のフリして背後から撃って来る』のですから、援護にならなくなってしまう。
    日本人には『在日・反日売国奴の言うことだ』と知っていても、外国人からしたら『同じ日本人(日本人と在日の区別がつかない)が言ってるのだから』と思ってしまう。
    朝日新聞が『慰安婦強制連行』を発信して在米韓国人やら反日米国人が『「日本の」新聞社が言ってるのだから、本当だ!』と言い出したかのように・・・
    『慰安婦強制連行を口頭で認めた(談話の中には無い?)』河野やいまだに韓国へ出向き日本の足を引っ張るのに熱心な村山や鳩山のように・・・

    ですから、援護射撃の前に『日本国内に巣くう味方のフリした敵を駆逐』しなければならないのかと思います。
    『獅子身中の虫』は正に『在日・反日売国奴』であり、何よりもまず駆逐成功させなければならないのではないでしょうか?

    まぁ、その過程に『第二次朝鮮戦争』や『第三次世界大戦(ネットで話題になってますね)』が勃発が関わるとしたら、駆逐だけでなく、在米日系人の援護射撃も一気に進むのかな?と思うんですがね。

    在米の日本人や日系人の方々には、辛い思いをされているのだと思いますが、日本も『体の中の悪い向け』を全て吐き出す為に頑張っていますので、希望を捨てずに、冷静になって頂きたいと思う次第です。(いつもながら文章下手ですいません)

  6. かつて日本人も世界各国に大量移民した。
    どのご先祖も多大な差別や苦労を重ね、日系人としての信頼を積み重ねたと聞いている。
    どこぞの民族の様に、徒党を組んで現地の人を困らせたと言う話は聞いた事が無い。
    郷に入っては~の精神が日本人の本流にあるのだろう。
    我慢強さ、高潔さが日本人の素晴らしい所。
    一方で中韓人は、他国に住んでおきながら、その国には忠誠を誓わず、祖国の為だけに働く。
    中韓人の狙いは、いずれ中韓の血を引く大統領をだしてアメリカの支配を目論んでる所だろう。
    アメリカをはじめとする白人たちは、この日本人と中韓人の血脈というか、文化的違いをまず認識して貰いたいものだ。
    アメリカでは戦中、日系人だってアメリカの為に戦った。
    朝鮮人は当時日本人であったにもかかわらず、クソの役にも立たなかった。
    現在においては、謝罪と賠償のおかわりするだけ&売春婦を派遣しまくるだけの朝鮮人と、世界各国で褒め称えられる日本人の民度。
    国連分担金の支払いの実績からも、日本の世界貢献度が分かる。
    この根本の差から言っても、どちらの言葉が説得力があるか……
    慰安婦問題など、端から議論するまでもないと気付いてほしい物だ。

  7. こんにちは。
    年末、群馬県に住む妹と電話していて聞いた話です。

    昨年、秋に中国朝鮮人がやっている外国人の派遣会社3社が摘発され、会社は潰されたそうです。不法滞在者が多数いたためです。そこに登録していた外国人は、強制送還されたとの事です。妹は、工場専門の派遣会社に登録していて何社かの工場にぐるぐる回っているから、情報は確実だと思います。

    報道はされていないけど、見えない所では着々と動いているのでしょうね。

  8. 今回の日韓合意、私は安倍総理が、戊辰戦争時の徳川慶喜の如き苦渋の決断と考えております。決して慰安婦問題に取り組んで来た方々を切り捨てたのではない。形の上ではそう見えるけれど。日本の本土自体が外敵に占領されては、外地で戦う人々の後楯が将来に渡って完全消滅していまいます。
    慶喜が逃走した事で、幕軍は梯子を外されましたが、結果、日本が植民地にされる最悪の事態は免れました。高度な政治的判断です。優先順位として致し方なかった。

    韓国だ、北朝鮮だと言いつつ、政治レベルで現在構築されているのは対中包囲網です。現状、日米の「足場」として、韓国を抱き込んでおく必要が有り(本来は38度線より39度線が望ましい)、その為の「方便」が、日韓合意です。国の名誉より、安全保障戦略が優先するからです。
    重要なのは、中国を潰した後、「付属品(南北朝鮮)」をどう処理するか。言い換えれば、日本は在外日本人・日系人に涙を呑ませた代償として、充分な見返りが得られるか否かです。

    それに関しては、時限爆弾がちゃんと仕掛けて有ります。現に、韓国では、日韓合意に到った朴大統領に対し、「日本のスパイだ!」との声まで上がり、炎上しています。そもそも慰安婦問題は北朝鮮が仕掛けた離間工作(韓←→日米)なのですが。
    日米は韓国を「足場」として抱き込んでいるだけなので、中国が崩壊すれば彼奴等は道連れです。その前に、先に韓国が経済崩壊しそうな勢いですが。
    そうなれば資金源は尽きるでしょう。金が無ければ工作など不可能です。巻き返しのチャンスは必ず廻って来ます。

  9. クミ ト∸ビン様 ジィ 様

    在米日系人・日本人の方は、中韓のプロバガンダ攻撃の最前線にいらっしゃること、大変な思いをされていることと思います。

    あなたがたは日本人の代表です。私たち日本国内に居る日本人の変わりに
    攻撃を受けて下さっているのです。
    あなたたちへの攻撃はすべての日本人への攻撃です。
    敵は安倍総理ではありません。敵は中国・韓国です。

    私からのお願いです。先祖に祈りを捧げてください。
    これは、自分の日本人魂を育てる力になります。
    ご飯の前の「いただきます」の時や、どういう方法でもいいので、自分の御先祖やそれ以外の日本の犠牲者たちに祈りを捧げて欲しいのです。

    「あなたたちの犠牲のおかげで、いま、私はここに立っている。」と。日本は白人の500年にもわたる植民地支配をとめさせた国です。日本はすごいのです。
    犠牲が大きすぎて見失いがちだけれども、どこの国に終戦した後も
    (インドネシアのために)残って戦う兵士がいますか?
    自分より弱い国から搾取せず、与え、育てようとした国なんて、
    人類史上初めてです。日本人は、私達のご先祖様はすごいのです。

    「あなたたちの犠牲のおかげで、いま、私はここに立っている。」
    「私達の子孫を守るため、あなたたちの誇りを守るために私は戦う。どうか力を貸して欲しい」と1日1回は感謝と 戦う誓いを立てるのです。無私の心は絶対的に強い。くじけてしまいそうな心がなくなり、戦う勇気がわいてきます。

    若輩者ながら私が数年行って効果が出てきた方法です。どうかよろしくお願いします。

  10. こんばんわ
    余命様のお話を伺いまして、役割り分担だと感じました
    それぞれに役割りがありますわ
    自分に出来る限りの事は何か?
    皆さんで考えましょう。

    アメリカでの現状を、日本人は殆ど知りません
    メディアが報道しないからです
    出来れば、アメリカ日系人のblogを日本にて立ち上げて頂くのは無理なんでしょうか?
    Facebookでアメリカからの発信では日本にて広がりません
    アメリカでの反日メディアの内容や関連事項の内容をblogにて発信して頂ければ本国の私達も理解できます
    知らなければ理解しようもないと思うのです
    アメリカ日系のblog。カナダ日系のblog
    ブラジル日系のblog
    在ると理解し易い気がするのですが。。

  11. 昨年12月28日に日本と韓国との間で慰安婦問題の合意がなされ、保守の人々や、在米、カナダの日系の人々から批判が上がっている。
    確かに一見慰安婦問題に日本政府として謝罪したかのように受け取れ、河野洋平などの売国議員と同列に評する意見もあるが
    今までの安倍首相の、在日、反日左翼を駆逐するために歩んできた3年間を振り返り
    大和心への回帰 氏が述べているように
    ●秋の臨時国会を中止した理由
    ●11月には既に年明け早々に没発した北の核実験の予兆を把握していたこと
    ●韓国が進退いづれも地獄状況、全面降伏状況にあることの読み
    ●3月の米国を証人とする日米韓首脳会談の根回しを完了して、慰安婦合意の最終的かつ不可逆確定の段取り
    ●北の核実験を予兆し、経済制裁として(余命主導の)官邸メ-ルで通報した朝鮮系 暴力団のFATF登録の準備完了(米国指定を大幅に上回る対象→強制送還)等を勘案すると、きっと安倍首相やそれを支える人たちの間には、深謀遠慮があり今回の行動になったと推察するのが妥当ではないか。
    最終目標は、在日、反日帰化人、や反日日本人の排除ですから、その目標に向かって私は、安倍首相を信頼し見守りたいと思っています。

  12. 参考迄

    以下記事が、保守系2chまとめサイトでも取り上げられています。
    日本のこころを大切にする党(旧称次世代の党)の中山代表が早速「性奴隷」党の日韓合意にまつわる懸念事案について国会質問をおこない、これに対して安倍政権が首相自身も含めて明確に答弁されています。

    当方の妄想かもしれませんが、日本国民の一部や海外日系人の方々の、海外を含む一部マスメディア配信による過激な誘導報道に対する憂慮を緩和するのにまさしく絶妙なタイミングであるばかりか、党名変更等で存在感が弱まりがちな ‘日本のこころを大切にする党’ の宣伝のお膳立てとも思えるような、見事な流れ。
    これを安倍首相のしたたかな策士としての采配と見るか、安倍首相を救援する強運・神風と見るか?
    いずれにせよ、余命翁が再三説かれているように、
    ・安倍首相も国民の行動を望んでいる
    ということ及び、
    ・国民サイドからの日本復活という目的を達成するための旗振り人が余命ブログの存在理由である
    という基本を我々も常に念頭に置いておくべきであることを、僭越ながらここに書かせて頂きたいと思います。

    産経新聞 1月18日 17時12分配信
     安倍晋三首相は18日の参院予算委員会で、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意について一部海外メディアが慰安婦を「性奴隷」と報じ続けていることに関し、 「海外プレスを含め、正しくない誹謗(ひぼう)中傷があることは事実だ。性奴隷、あるいは(慰安婦の数が)20万人といった事実はない。政府として、それは事実ではないと、しっかりと示していく」と述べた。
     日韓合意で日本側が認めた「軍の関与」については「衛生管理も含め、管理、設置に関与した」と述べた。日本のこころを大切にする党の中山恭子代表の質問に答えた。
     質疑の中で中山氏は「日本が軍の関与を認めたことで、海外メディアで日本は恐ろしい国だ、と。日本人はニコニコしているが、本性はけだものであり、残虐だと。世界の人々の見方が取り返しのつかないものになっている」と懸念を示した。
     岸田文雄外相は「海外メディア、欧米主要国でも日韓関係の改善は高く評価している」と述べた。その上で、「不適切な表現、事実に基づかない表現が散見される。不適切な記述はしっかりと申し入れを行い、わが国の立場、事実については国際社会にしっかりと明らかにしていく」と述べた。
     中山氏はさらに、「これから生きる子供たちに謝罪を続ける残酷な運命を追わせたのではないか。首相はどう流れを払拭するのか」と迫った。
     首相は「慰安所は当時の軍当局の要請により設営されたこと、慰安所の設置、管理、移送について、旧日本軍が直接あるいは間接的に関与したこと、 慰安婦の募集については軍の要請を受けた業者が主にこれにあたったことは、従来述べてきた通りだ」と強調。
    「私は、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせてはいけないと考え、その決意を実行に移すために決断した」と述べた。
     中山氏は「少しホッとしている。政府はぜひ、力を入れて、国を挙げて日本の名誉を守っていただきたい」と注文を付けた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000575-san-pol

    なお、日本のこころを大切にする党 については、恥ずかしくも不勉強から、現実的に、安倍政権にとってどの程度の援護射撃効果を持つ政党なのか実力を把握出来ておらず、今後の選挙においても同党への投票が活きるのか死に票になるのか、余命翁の正確無比な分析を仰ぎたいところであります。 また複雑な紆余曲折、内部分裂から派生した おおさか維新 や、昨今 創価学会との不調和音も囁かれる公明、また自民党内の売国議員への対処を含め、いまだ混迷する政局を乗り切り大義を成就する為の‘安倍シナリオ’に注視しつつも、入管集団通報、官邸メール、書籍版発売に続く効果的な日本人覚醒活動の一助となるべく、余命翁の鶴の一声を心待ちにしております。

  13. 司法試験予備校の伊藤塾を潰せませんか?塾長の伊藤真は、お花畑の反日売国奴でしょ。法曹界の反日売国体質の元凶の一つと見ています。

  14. 世界では、韓国側のねつ造である「強制連行」だの「被害者20万」だのをさらに誇張して41万と報道していたり、さらには、連行の際家族を皆殺しにしただの、1日に40人相手にさせられただの、韓国以上のショッキングな内容でそれを「日本政府が強制性を認めた」と報道しているようです。
    どこにそんな根拠が?と怒りを覚えますが、以前テレビで見た海外記者の発言でも、「自分は日本(取材)担当30余年だ!」と叫んだ記者が現実にそぐわないオカシナ発言を展開していて頭が痛くなりました。
    その程度なのです、外国人記者は。もしくはよりショッキングに書いたほうが記事がよく売れるということなのかもしれません。
    話を戻しますが、つまりそういうことですから、上記の日系人の方のような発言になるのではないかと思われます。この方一人に違いますよよく調べて下さいと言ったところでなんの解決にもなりません。彼らが在住する地域のメディアが事実無根の報道をするのですから。
    嘘八百を報道している海外メディアを、日本政府が糾弾しなければならないのです。
    海外に住む日本人(世界から見たら加害者扱い)が何を言ったところで、誰が信用するでしょうか。しかも自分の国の(白人の?)記者がそう書いているのです。日本人が騒ぎ立てても、現地の嘘記事を「日本政府の見解でしょ」と返されるだけです。
    その点について対応しなければ…。

  15. 中国公安部が国籍の自動離脱を認めないという事を言い出したみたいですね。国防動員法の発動は、中国系米国・日本人をも人民解放軍にしてしまうかも知れないと思うのですがどうなんでしょう?それ以前も国籍に関する解釈を変えているみたいですから、実際どうなのか計りかねるのですけれど。
     
    参考記事
    中国茉莉花革命  2016-01-18記事
     
    藏?露尾的中国公安部  
    http://www.molihua.org/2016/01/blog-post_444.html
     
    AZ
     

  16. はじめまして。

    発売前地元の本屋さんに予約し、発売後数日遅れで『余命3年時事日記』を手に入れました。
    予約した際店員さんに、「発売日に間に合わないかもしれません。」と言われましたが、
    「法人税を払っていないAmazonで購入するよりも地場企業の売上に少しでも貢献したいので大丈夫ですよ。」
    と答えると「ありがとうございます。」と言って、こちらが恐縮するぐらい深々とお辞儀をされました。

    こんな素敵な地元の小さな本屋さん、大切にしたいと思います。
    また、今迄は敬遠していたAmazonですが、今回言論の自由の砦となったことで株がグーンと上がりました(≧∇≦)

    ところで、なべちゃんさん。

    え?
    在米日本人ではなく日系人のブログですか?
    日本人でも様子を伝えて下さるブログはありますよ。
    現に私は、日韓合意を受け海外邦人の方々の様子が知りたくてググりましたもん。
    私がお気に入り登録したのは在豪日本人の方のブログ『日本は世界を平和にします。』ですが、そちらにコメントを書き込まれているやんみさんは在米の日本人の方でブログもされているので、
    (『毒舌おばさん やんみ!のブログ』)そちらを訪問されてみてはいかがですか?

  17. 今日は初めまして。

    以前は北朝鮮拉致被害者奪還にかなり関心を持ち微力ながら参加もしていた者です。

    北朝鮮は日本の残置国家であり、戦前の日本の天皇制を模した国家であり、日本と北朝鮮は裏では繋がっている。

    という説がありますが如何でしょうか。

  18. 米国カナダ豪州等で活動されている方々の努力には敬意を払いますが、その戦略が稚拙でしばしば逆効果をもたらしたと言わざるを得ないグループと実際慰安婦像設置阻止等に成功したグループの差が大きいと言わざるを得ない。前者はここでよく余命さんも苦言を呈している「主張はするけど、で?それからどうする?」が無い方々と同様の欠点を持っているので彼等の存在に対して正直中韓はほくそ笑んでいると思います。

    これは単純な歴史論争では無く、政治であり米国世論への多数派工作でもある。
    TPOを弁えず事実を声高に主張するだけで皆が味方になってくれるなら世の中誰も苦労しませんからね。
    安倍総理の決断を世論は概ね支持し、支持率も上がった事を見ても中道右派層は政治をよく理解している。彼等なら枝葉末節に惑わされず大元を叩く余命戦略を理解出来ると思います。
    余命本やブログの拡散がこの層に進めば状況は一気に動きそうですね。

  19. 慰安婦問題の日韓合意について、新聞、テレビのメディアにより歪曲されたり、誤った情報を発信したネット情報に惑わされたりして、保守分断が図られたり、踊らされている様子がだんだん見えてきました。

    保守の人や海外にお住いの日本人の方が、安倍首相にいまだに批判を寄せていますが、安倍首相の考えは従来と変わりがないことが、昨日の国会質疑で明確に示されました。

    2016年1月18日 参議院 予算委員会で自民党の宇都隆史議員と、日本のこころを大切にする党の中山恭子議員が質問に立ち、安倍首相と、岸田外相に慰安婦合意について質疑を行った。
    答弁内容は、「参議院インターネット審議中継」のビデオで、質問者ごとに検索して閲覧できます。新聞、TVを見るより直接国会中継ビデオを見るほうが正確無比です(笑)
    ビデオを見ながら要点を以下にまとめましたが、ぜひビデオで確認されることをお勧めします。

    自民党の宇都隆史議員の質疑
    「性奴隷」について
    海外メディアによる「性奴隷」という言葉は事実に反するものであり、不適切であり適切にするように申し入れしている。

    「軍の関与」について
    「政府が発見した資料の中には軍や官憲による、いわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」という平成19年3月16日に閣議決定した内容の通り、いささかも変更はない。

    「日韓間の請求権の問題は1965年の日韓請求権、経済協力協定により法的に解決済である」との立場をとってきており、何ら変わりはない。
    今回の日韓の合意について、戦争犯罪にあたるたぐいのものを認めたわけではない。

    「ソウル日本大使館前の像撤去」
    ウィーン条約の22条に2項に抵触する行為であり、早期に移転することを求めてきている。今回の合意に基づいて韓国政府が適切に対処されるものと認識をしている。

    日本のこころを大切にする党の中山恭子議員の質疑
    「性奴隷」「20万人」について
    海外のプレスもふくめ、正しくない事実による誹謗中傷があるのは事実である。
    「性奴隷」「20万人」といった事実はない。
    この批判をあびせているのは事実。
    政府としてはこのような「性奴隷」「20万人」といった事実はないと示していきたい。

    「軍の関与」について
    「政府が発見した資料の中には軍や官憲による、いわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」という、平成19年3月16日に閣議決定した内容の通り、いささかも変更はない。
    「当時の軍の関与」というものは、慰安所の設置、健康管理、衛生管理、移送に関与したものである。
    慰安婦の募集については軍の要請を受けた業者が主にこれにあたったもの。
    従来と変わらない。

    今回の合意が今までの慰安婦問題の取り組みと決定的に異なる点は、
    史上初めて日韓両政府一緒になって、慰安婦問題が最終的、かつ不可逆的に解決されることを確認した点にある。

    将来の子や孫や、さらにその先の世代の子供たちに、謝罪し続ける宿命を負わせるわけにはいかない。今回の合意はその決意を実行に移すために決断したものである。

    まとめ
    慰安婦問題は日本を貶め、賠償金、慰安婦利得ビジネスにかかわる者のプロパガンダ。
    「性奴隷」は日弁連の弁護士が作った、事実に反する言葉で、国連から拡散された。
    全世界に慰安婦問題を拡散させたメディア(新聞、TV、書籍)、出版社、言論人、教科書執筆者、生徒に刷り込んだ教師たちは、日本国に対する外患罪事案ではないでしょうか。

    今後、慰安婦に関与した人々の洗い出しは喫緊の課題であると考えます。
    また、余命三年時事日記読者は書店巡回をされていますので、この際書店で、反日目的の慰安婦に関する書籍の販売店、出版社、執筆者、関与団体を調べたら、資金の流れがつながっていたりして(笑)。

    我々、余命三年時事日記の読者は、余命プロジェクトの方針に従って、次なる闘いの準備をしっかり行いましょう。
    (日本に恩返し)

  20. 幕末話が出たのでついでに。
    慶喜は場当たりで無責任であり、例えるなら鳩山由紀夫と
    思います。幼少期は強情な水戸藩であり、高度ではなく
    単純極まる個人的な性格・心情が実態でしょう。
    個人の思想信条が政治に悪影響を及ぼすのは
    民主党時代に思い知ったはずです。
    幕府は主にフランス、薩長は攘夷から英国に鞍替えで、
    欧米列強の思惑もそれぞれあり、幕府が続けば植民地化された
    という説は、幕府の努力を無視した薩長側の言い訳であり
    説得力がありません。むしろ幕府に執拗に楯突いた薩長は、
    反国家行為の今で云うテロ組織です。勝海舟は利敵を
    繰り返したスパイですね。取り締まる法が無かったのが
    残念です。今もそのようですが。

    日韓合意について頑強に反対する人達の言い分は、
    日本が冤罪であるにもかかわらず安倍政権が“お詫び”
    したことで罪を認めたと取るが、多くの英霊を生んだ原因の
    一つは稚拙な作戦を強行した軍上層部であり、後の英霊達です。
    支那での戦で多くの英霊が生まれた。軍部は彼らに面目が
    立たないとして撤退どころか戦線は拡大、更に泥沼化して
    英霊を大量生産した。そのくせ負けが決まるとあらゆる
    戦線から撤退した。
    負けると英霊はいなくなるのか。拘ってるからまた支那に
    攻め込めとでもいうのか。
    そもそも日本のお詫びは「どうもお騒がせしました」
    という社交辞令程度もあって、各国各民族には普通らしい
    賠償や死を意味するものではなく、これまで散々国外で
    お詫びを繰り返し、交戦国以外でもイタリアにも賠償まで
    してきました。良くも悪くも世界でも異例です。
    1992年には天皇陛下が訪中されて同様にお詫びと取れる
    発言をされているが、「天皇にはがっかり」
    「もう支持するのやーめた」は無いようですね。
    海外メディアでデマが頻発したことまで安倍総理のせいに
    している愛国・保守論者は、悪く言われるから黙ってろ、
    何もするなというのか。
    外交次第で先への影響と各国への影響が変わります。
    このブログでの解説を知らないのか都合が悪いのか、英霊侮辱の一点張りで責める相手を間違える無分別と無気力さに呆れます。

    靖国神社といえば元は薩長神社ともいえる場で、後に膨大な
    英霊を抱え込み、国民に教育した結果として伊勢神宮に並ぶ
    聖所となりました。悪いのは幕府、勝てば官軍で、
    GHQは薩長を見習ったのかとさえ思えます。
    近年の靖国宮司達は徳川家所縁とはいえ、その無為無策に
    やはり血は争えないのかと白けた気分です。
    それから極一部でしょうが、「安倍は長州の出」として、
    反安倍・反自民支持につなげようというネットでの書き込みを
    何度か見たことがあります。「安倍は統一協会」と同じく
    間に受ける人はいないでしょうが、手を変え品を変えて
    誘導しているんだなと思いました。

    場違いな幕末絡みの話でしたが、英霊を大事に考える方々には
    「幕府」の存在理由と、君側の奸たる公家と薩長の企てくらいは
    知って頂き、勝てば官軍の不当性を大東亜戦に当てはめて
    考え直して欲しく思います。

    1. >靖国神社といえば元は薩長神社ともいえる場で、後に膨大な
      >英霊を抱え込み、国民に教育した結果として伊勢神宮に並ぶ
      >聖所となりました。・・・

      ご意見に全面的に同意する者です。
      明治時代は江戸時代の蓄えで保っていたのであり
      明治政府の成果ではありません。

      明治政府が建てた靖国神社は今も本殿に
      彰義隊や新撰組や西郷隆盛を祀っていません。
      世界中の戦死者と共に本殿脇の小さな鎮霊社に奉慰されています。
      アメリカ、イギリス、ロシアの戦死者と一緒に祀られているのです。

      明治政府を持ち上げる司馬遼太郎のいわゆる「司馬史観」も問題です。
      司馬史観はNHK大河ドラマで繰り返し放映されました。

    2.  尊王攘夷派の水戸家に生まれた慶喜は場当たりで無責任ではなく、かなりのタヌキ。
      泥をかぶる部分は家茂にやらせて、攘夷というおいしいところだけ取ってすぐ楽隠居してるし。

  21. 余命爺様
    いつも更新ありがとうございます。
    初代の頃から愛読している者として、最近のコメント欄について意見させていただきます。
    機能上コメント欄を開けるか閉じるか一方しか選択できないのであれば、「余命三年時事日記」は、従来のようにコメント欄を閉じた一方通行の発信スタイルでもよいのではないでしょうか。そして、so-netブログ遮断前後の頃のように、特定まとめサイトのコメント欄に投稿されていた余命への質問などをピックアップして掲載するスタイルに戻されてはいかがでしょうか(アフィリエイトですからアクセス数が上がることは先方にとっても好都合ですしね)。
    コメントを掲載していく方向なら、投稿に関して一定の基準が必要であると思います。

    現在のコメント欄、率直に申して見苦しいものが多いです。
    本旨から外れた投稿内容への返答作業で、本来の執筆活動に大きな負荷がかかっているのではないですか?
    余命ブログのアクセス数を考えてみてください。どれほどの人々が、このブログに注目していることか。また、書籍からブログに流れてきた新規読者に与える印象を考えてみてください。コメント欄の質も少なからず影響を与えています。
    余命爺様は「余命ブログはみんなのブログだ」とおっしゃいましたが、その意味をはき違えている人たちが、コメント欄で常連化していることは非常に残念です。

    中には貴重な投稿もあると存じますが、余命ブログの読者が求めているのは圧倒的に「余命から発信される情報」です。本来の執筆活動を妨げるやりとりを望まない読者、そして現状のコメント欄の流れに辟易している読者もいることをお伝え申し上げます。

    公開・非公開は余命爺様にお任せいたしますが、この投稿は、余命爺様へ直接訴えているものであり、コメント欄で他読者の意見を誘発することは意図しておりません。本来はメールフォームなどクローズな手段でお伝えするべき内容だと思っております。

  22. 全力支援!全文転載させていただきます(^^)
    http://blogs.yahoo.co.jp/kingboy4649/41051068.html
    PM3:30自動更新

    その通りかと思います。
    海外に住む日本人の皆様の気持ちを考えると胸が痛みますね。
    海外在住の日本人の子供たちが、いわれなき嘘の歴史で、いじめられ虐げられていると考えると居てもたっても居られなくなります。

    安倍総理は、『子や孫へ受け継ぐべきでない』とおっしゃられ、自らも痛みを伴うやり方で、それに向かって舵を切っておられます。

    私は信じたい。

  23. 塾や一企業をいきなり論い書き捨てされるのはどうかと思います。

    議論として成り立つのであれば、事象をきちんと取上げて論ずるので
    あればこういった場を情報交換の場として使わせていただくのもいい
    でしょうが、このままではこの余命のサイトが信頼性のないものと
    なりませんか?

    最近のコメントではSMAPを在日だという書き込みもありましたが、
    きちんと検証証明されていない噂程度のことも軽々しく扱われない
    方がいいと思います。よく言う韓国起源と同次元になりますよ。

    日韓合意の件でも、いろんな意見もありますね。
    余命サイト以外でも 独立直観さんのブログや美しい国への旅立ち
    といった示唆にとんだ意見もあれば、感情論が先立つ意見もありま
    す。

    できれば、意味のある情報提供や有益な意見提供の場であってほし
    いです。そうでなければ、ここ最近で余命サイトに辿り着いた人が
    信用ならぬ妄想として離れてしまいかねません。

    1. たろうさんの書き込みの内容から現実の政治情勢ははるかに緊迫した状況です。台湾の李登輝元総統は5月に馬英九が総統を降りるまでに解放軍を引き入れるのではないかとも心配されています。また台湾侵攻は解放軍の改組編成が終了した後との話もあります。韓国は4月以降どう動くかわかりません。中国と一緒に動くのでしょう。2010年に対馬侵攻を企んだくらいですから。
      NHKのアナウンサーの半分、TBSのアナウンサーならほぼ100%が朝鮮系だとあるサイト(オフィス・マツナガ等)にはあります。放送局、反日新聞社など怪しげなところは殲滅です。たとえそこに真面な日本人が日本人がおろうともです。
      それももう直ぐです。芸能関係も公安情報などで人定調査はほぼ完了でしょう。坂東忠信さんのブログにもありましたように。その時は7~8頃でしょうか。

  24. 在日朝鮮人や反日帰化人はマイナンバーや戸籍をあからさまにすれば、日本から排除することもたやすいですが
    自民党の中に巣くった、在日企業から献金等をうけて在日のために活動してきた売国奴を
    なんとしても洗い出して排除し、侵略の目をつみとらなければ、また日本が在日に支配される危険性があります。

    慰安婦問題での河野洋平は誰からも売国奴というのは明らかですが、それ以外でもさまざまな場面で
    中韓よりの発言行動をしてきた人物を洗い出し、余命3年様のサイトなどを通してくり返し国民に知らしめる必要があります。
    http://www.news-us.jp/article/430954718.html
    AIIBへの参加を促してた人達
    ・政治家
    二階俊博、河野洋平、福田康夫、石原伸晃、岡田達也、辻元清美、藤井裕久、志位和夫、江田憲司、小沢鋭仁
    ・コメンテーター
    孫崎享、天木直人、田中均、古賀茂明、須田慎一郎、伊藤惇夫、青木理、姫田小夏
    ・記者、アナウンサー
    川村晃司、岸井成格、龍崎孝、与良正男、福本容子、恵村順一郎、加藤青延
    ・テレビ、新聞等
    NHK、TBS、テレビ朝日、朝日新聞、東京新聞、毎日新聞、日経ビジネス、東洋経済、日刊ゲンダイ、ポストセブン

    中山 泰秀の父正輝は拉致議連の会長をしていたにもかかわらず、
    1997年11月に北朝鮮の平壌を訪れ帰国した後には、急遽各方面に日本人拉致事件そのものを否定する説を発表したり、翌年には拉致議連会長のまま日朝友好議員連盟の会長に就任し、「拉致問題は幽霊のように実体のないもの[1]」、と日本人拉致事件そのものを否定したうえで、「まず北朝鮮との国交正常化を行った後に拉致問題の解決を行うべき」と発言するなど、拉致議連の会長自らが問題そのものを否定したりする消極的な言動を行った。
    この中山の言動が議員連盟のみならず政界内や多くの国民から強い批判を浴びた。その後中山は「北朝鮮拉致疑惑日本人救済議員連盟」と「日朝友好議員連盟会長」の両会長を辞した。
    wikipediaより
    その息子である、泰秀が「ネトウヨは日本人でなく日米離間を図る中国・北朝鮮・韓国の工作員では?」とネトウヨのネガティブキャンペーンともとれる発言している。
    http://blog.livedoor.jp/news_aru/archives/38332600.html

    自民党内の売国奴の情報が暴露されるwwwwwwwwwww 保守速報
    http://hosyusokuhou.jp/archives/37967051.html

    【野田聖子完全終了】
    民団幹部や民主党、極左とズブズブだった 2014/05/13 02:46
    http://hosyusokuhou.jp/archives/38071290.html

    パチンコチェーンストア協会ホームページ
    http://www.pcsa.jp/member.htm より
    パチンコチェーンストア協会の政治分野アドバイザー
    2014年10月15日現在
    みんなの党計1名 浅尾慶一郞
    自由民主党計24名(衆議院21名参議院3名)
    鳩山邦夫、山本有二、野田聖子、自民党衆議院岐阜1区 、木村太郎、岩屋毅、田中和徳、竹本直一、原田義昭、山本拓、髙木毅、山口泰明、櫻田義孝、坂本哲志、松島みどり、左藤章、西村明宏、葉梨康弘、上野賢一郎、中川俊直、武井俊輔、白石徹、伊達忠一、大家敏志、江島潔、
    維新の党計8名
    小澤鋭仁、松野頼久、石関貴史、副幹事長、今井雅人、馬場伸幸、井上英孝、浦野靖人、遠藤敬、
    民主党計8名海江田万里、古川元久、生方幸夫、増子輝彦、小川勝也、羽田雄一郎、安井美沙子、小見山幸治
    生活の党計1名(衆議院1名参議院0名)
    鈴木克昌
    次世代の党計1名(衆議院1名参議院0名)上野ひろし
    ネットが普及したため、売国奴達は以前の行動をもはや隠し通すことができず、過去の行動を私達は検証することができます。
    売国奴達から国を守ろうとする人々は、余命3年の書籍を普及させ、戦後の朝鮮人の蛮行を国民に知らしめると同時に、過去の記録を掘り起こし誰
    が売国奴か、誰が愛国者かを国民に知らしめることが重要です。

    1. 日本をとりもどす様の投稿のなかに

      中山泰秀議員のことがありましたので

      >が「ネトウヨは日本人でなく日米離間を図る中国・北朝鮮・韓国の工作員で>は?」とネトウヨのネガティブキャンペーンともとれる発言している。
      >http://blog.livedoor.jp/news_aru/archives/38332600.html

      これは ネトウヨの中に在日工作員がいることは事実です。
      街宣右翼の中に在日韓国朝鮮人がいることも事実です。

      下品な言葉やヘイトスピーチで  右寄り保守のイメージダウンのための工作活動をしています。

      在日韓国批判をしているからとて 油断できません。

      中山泰秀氏は外務副大臣ですよ 一般人が知らないこともつかんでおられますし ハッキリとは言えないこともたくさんあるのです。

      良識的な 保守層と 在日なりすましネトウヨを しっかり分別することです。

      文脈のおかしさ 日本人を卑しめる言動  それらには要注意です。

      ヘイトスピーチにならないような 批判や 事実をたんたんと述べることが大切だと思います。 敵に足をひっかけられないように 注意が必要だと思います。

  25. コメントの取捨選択は必要だと思います。

    吟味の上で余命氏が採否を決めるべきでしょうね。

  26. クミ ト∸ビン様
     昨日の参議院予算委員会で、日本のこころを大切にする党の中山恭子代表が日韓慰安婦合意について質問しています。
    <国会で安倍首相と岸田外務大臣「強制連行ない」と神名言!中山恭子の神対応!日韓合意の歪曲報道を正す愛国議員の賞賛の一撃!> 
    YouTube : http://www.youtube.com/watch?v=PRpuom8UzVI
    YouTube : http://www.youtube.com/watch?v=PRpuom8UzVI
    【参院予算委員会】安倍首相「慰安婦問題をめぐる誹謗中傷は事実ではないと示す」 2016年1月18日17:09
     安倍晋三首相は18日の参院予算委員会で、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意について一部海外メディアが慰安婦を「性奴隷」と報じ続けていることに関し、「海外プレスを含め、正しくない誹謗(ひぼう)中傷があることは事実だ。性奴隷、あるいは(慰安婦の数が)20万人といった事実はない。政府として、それは事実ではないと、しっかりと示していく」と述べた。
    日韓合意で日本側が認めた「軍の関与」については「衛生管理も含め、管理、設置に関与した」と述べた。日本のこころを大切にする党の中山恭子代表の質問に答えた。
     質疑の中で中山氏は「日本が軍の関与を認めたことで、海外メディアで日本は恐ろしい国だ、と。日本人はニコニコしているが、本性はけだものであり、残虐だと。世界の人々の見方が取り返しのつかないものになっている」と懸念を示した。
     岸田文雄外相は「海外メディア、欧米主要国でも日韓関係の改善は高く評価している」と述べた。その上で、「不適切な表現、事実に基づかない表現が散見される。不適切な記述はしっかりと申し入れを行い、わが国の立場、事実については国際社会にしっかりと明らかにしていく」と述べた。
     中山氏はさらに、「これから生きる子供たちに謝罪を続ける残酷な運命を追わせたのではないか。首相はどう流れを払拭するのか」と迫った。
     首相は「慰安所は当時の軍当局の要請により設営されたこと、慰安所の設置、管理、移送について、旧日本軍が直接あるいは間接的に関与したこと、慰安婦の募集については軍の要請を受けた業者が主にこれにあたったことは、従来述べてきた通りだ」と強調。
     「私は、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせてはいけないと考え、その決意を実行に移すために決断した」と述べた。
     中山氏は「少しホッとしている。政府はぜひ、力を入れて、国を挙げて日本の名誉を守っていただきたい」と注文を付けた。
    ◎安倍首相:『海外プレスを含め、正しくない誹謗中傷があることは事実だ。性奴隷、あるいは20万人といった事実はない。政府として、それは事実ではないと、しっかりと示していく』、軍の関与については『衛生管理も含め、管理、設置に関与した』と述べた。
    ◎中山恭子代表:『少しホッとしている。政府はぜひ、力を入れて、国を挙げて日本の名誉を守っていただきたい』
    http://www.sankei.com/politics/news/160118/plt1601180014-n1.html
     中山恭子代表は安倍さんと昵懇の間柄で、北朝鮮拉致被害者5人帰国したときの立役者のひとりで愛国・保守の政治家として知られているが、本来はネットでは常識である下記の決定的な証拠を公開して、韓国慰安婦捏造を追及すべきであるが、それをしないので甘い質疑応答で従来のあやふやな回答で逃げられています。
    ●日本軍の捕虜尋問報告書49号でみる韓国人慰安婦の募集、収入、生活等の実態  アメリカ国立公文書館にある米軍の戦争関連公文書
    http://www.kananet.com/ianfu/ianfu2-japan.html
    ●米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しにhttp://www.sankei.com/wor…/news/141127/wor1411270003-n1.html
     そこで今後、クミ ト∸ビン様から、現時点で考えられる愛国・保守系の有力者・メディア、例えば中山恭子参議院議員(日本のこころを大切にする党代表)、ご主人の中山成彬前衆議院議員、西村慎吾前衆議院議員、評論家青山繁晴氏(安倍さんと直に話せる影響力ある人)、保守系チャンネル桜などに、安倍さんから黙殺あるいは曖昧な回答をされないように、直接「従軍慰安婦問題」に関する日韓政府合意への【公開質問状】を送付したらどうでしょうか?
    ●中山恭子参議院議員 中山恭子 – 公式ホームページ http://nakayamakyoko.com/
    ●中山成彬前衆議院議員  http://nakayamanariaki.com
    ●西村慎吾前衆議院議員   http://www.n-shingo.com/
    ●青山繁晴 – 独立総合研究所 http://www.dokken.co.jp/index_jp.php
    ●チャンネル桜 | トップページ http://www.ch-sakura.jp/
    日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し 日本人本来の「心」を取り戻すべく設立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。
    <ご参考>
    2013年3月8日衆議院予算委員会 
    日本維新の会 中山成彬議員の従軍慰安婦問題の国会質問(朝鮮半島の議員、役人、警察は8割が朝鮮人」、慰安婦募集写真付きの証拠。このような体制で、公権力による強制連行は不可能である.)NHKが報道しようとせず、著作権を悪用して動画サイトから削除申請した。
    『3.8衆議院予算委員会、中山成彬議員質問』https://www.youtube.com/watch?v=O0qAnuFn2eE

    1. 山中英雄様へ
      コメントをありがとうございます。
      【東海岸】 「ニューヨーク正論の会」鈴木規正氏は、余命翁様の2016年キーマンのおひとりです。鈴木規正氏が作成し安倍総理、政府官邸へ送った質問状(2015年1月15日付)をこちらで公表させて頂きました。(余命扇様、場所を提供して下さり誠にありがとうございました。)東海岸側「日本まほろば支援局」より政府関係には連絡済みと聞いております。
      山中様の投稿は「日本まほろば支援局」に転送しますね。ありがとうございました。
      LA 近郊在住 クミ トービン

  27. K様やたろう様のご意見に賛同いたします。
    様々な投稿を寄せ集めて有意義なものにするはずが、他の読者をあえて批判攻撃するコメントがあったり、記事の内容に関係ない個人的な要望であったり。皆さん目的は同じはずだと思うのですが・・

    ただコメント欄には度々貴重な投稿や、読者の目に触れることで意味のある投稿もあり、余命さまも必要があって残していらっしゃるのでは、との思いです。
    また個々の投稿を記事として取り上げて直々にコメントされることも、余命さまのお考えそのものではないでしょうか?

  28. 余命ブログ(現行 Jusy another WordPress site以降後)のコメント欄について、読者の皆様から様々な意見が出ておりますが、私はこのコメント欄での意見・情報に大変有意義なものを見出しておりますし、余命翁がこのコメント欄から有用な情報を取り上げていらっしゃる進め方は、いろいろなプラスの相乗効果をもたらしていると確信しています。

    僭越ながら、現在の余命ブログというのは、余命翁が再三繰り返し説明されているように、「日本復活」という明確な目的を達成するための行動する(&行動を促す)ブログなのです。 余命ブログからの必要な情報発信・情報分析は開設以降、充分になされてきました。 今後も読者皆様の憂慮や不安を解決すべき必要な局面において、余命翁が明快に解説を続けて下さるでしょう。一方で、「行動するブログ」を現在志向している余命ブログにおいて、余命翁はしっかりとコメント欄における読者からの情報・提案を活かされています。 一方通行の偏向報道・隠蔽・捏造で自家撞着に陥って行き詰っているマスメディアに対して、インターネットは双方向性や情報共有・拡散の優位性を示しており、この特性を余命翁・チームの皆様も十二分に認識されていると理解しております。
    余命翁・余命チームを ハブhub として、多くの有志が「行動」するためには、余命ブログは「開かれた」ブログである現状がベストであると強く感じます。

    ここ最近、コメント欄がやや荒れ気味なので、書かせて頂きました。ここ余命ブログのコメント欄はしっかりと承認制になっているので、個人的に気になったり気にくわなかったりするコメントに対してどう思おうが、抗議のコメントを書き入れようが、最終的に余命ブログ様側で公正に承認の可否を判断されているのですから、枝葉末節にこだわることは避けて頂きたいと望みます。

    なかなかうまく表現出来ませんが、安倍政権が達成しようとする大義、余命ブログが達成しようとする大義は、囲碁将棋にたとえて想像して頂ければ、と思います。 「飛車・角を取られた」など、大局も見えずに、一手毎に騒いでいては試合に勝てません。 混迷した現状において、大局を見極めるのが難しいから、そこは余命翁の解説を仰ぐ、そして各分野での有用な情報提供、提案、技術支援等はここにどんどん集結された我々読者が各々得意分野で分業して参加する、という流れが実際に自然に出来つつあります。

    蛇足かもしれませんが、「真実は細部に宿る」という言葉と「枝葉末節にとらわれて大局を見失う」という言葉の根本的に違う意味を、決して混同してはならないと思います。

  29. 余命扇様、お忙しい中、お返事を頂きありがとうございます。

    捏造慰安婦問題が入り込む余地がない事は、十分理解しております。余命扇様、この度は安倍総理の「日本を取り戻す」手法として、慰安婦問題で時間を割いて下さり誠にありがとうございました。

    保守の重鎮たちの目的は、共通して日本を護ることなのですが、日本の何を護るかが少しずつ違うのでしょう。現在の安全保障を最重視して、その目的の為に他の名誉を少し犠牲にする事も、やむを得ないという考えの人達もいます。逆に日本の名誉を守る為には、命を投げうって闘うという人達もいます。私はどちらの人達も尊敬しています。安倍総理と「日本の心を大切にする党」の中山代表、お二人とも応援しています。

    去年12月号の「Will」誌に記載されました。7ページの記事。孤立戦を強いられる在米日本人。サンフランシスコ慰安婦像公聴会レポートです。中国に騙される米国であり、在米日本人・フェミニスト小山エミ(以前は男性、現在は女性かどうか不明、女装)による度重なる、長年にわたる妨害、そして中国共産党との戦争です。宜しければ記事をご覧下さい。
    https://gahtjp.org/?p=1154
    「慰安婦問題は終わらない」のWill 誌の記事
    http://gahtjp.org/wp-content/uploads/2016/01/Will-2015-12.pdf

    Japan Times は会社のポリシーとして、今後も性的奉仕を強制された性奴隷として世界に英語で発信すると書かれています。日本風の名前の記者・ヨシダレイジ。要約します。
    It is the policy of The Japan Times that “sex slaves” is acceptable for referring to the women who were forced to provide sex for Japanese troops before and during World War II.
    http://www.japantimes.co.jp/news/2016/01/18/national/politics-diplomacy/japans-foreign-minister-challenges-use-of-sex-slaves-term-for-comfort-women/#.Vp1eY_krLIX

    日系米国人は、大まかですが3種類だと思います。
    ①戦前から米国にいて米国市民。人種的に混血も多くなっています。
    ②戦後国際結婚で生まれ米国籍になったハーフやクォーター。日本語は喋れない方が多いです。
    ③比較的最近米国籍を取った日本生まれ日本民族の米国人。

    ①と②は無関心、あるいは中韓プロパガンダを迷惑と思って、呆れていて無関係と割り切っている方が多いと思います。LGBT勢力に加勢して日本叩きしてる反日、日系米国人すら存在します。

    昨年「LA 近郊のフラトン市の博物館で計画されていた慰安婦像建立が中止」となりました。この勝利の立役者は、米軍海兵隊の退役軍人で、日系退役軍人会・前会長のロバート和田氏、84才です。朝鮮戦争の退役軍人も82~90才になっています。以前、LA 近郊のブエナパーク、カナダのバーナビー市での「慰安婦建立計画」も実質阻止したのは、なでしこアクション、ロバート和田氏の功績、そして多くの現地、日本のサポーターの協力だと思っています。韓国系団体 KAFC が強引に通そうとしていました。クリス三宅氏より。
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10204594469721679&set=a.10203234491283068.1073741827.1232438170&type=3&theater

    マイケル・ヨン氏の書き込みに添付の退役軍人・ミヤモト中佐のコメントがあります。
    https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10153373701270665&id=207730000664

    要約します。朝鮮戦争出兵経験者の視点です。20万人が強制連行された事実はなく、売春婦だったと言い切っております。
    http://www.eagerexec.com/news/japan-south-korea-agree-to-aid-for-comfort-women/#comments

    最後まで読んで下さりありがとうございました。
    余命翁様、チ∸ムの皆様、LA 郊外より応援しています。
    寒い日が続いております。お身体ご自愛下さいませ。

  30. まず、一言。 コメントの取捨選択は、実際に余命ブログ様サイドでされているものと理解しております。 率直な意見交換・情報共有は否定されるべきではないし、「見苦しい」コメントを書き込むかどうかは各個人の自己責任に任せるしかないでしょう。 余命翁様が唱えられている「余命ブログの目的・存在意義 = ‘日本再生’という目的達成の為の行動」を皆様が再認識して頂ければ済む話です。 皆様、建設的な議論、有用な情報、提案を心掛けていきましょう。

    余命爺様

    ここ最近の、愛国心に燃えながらちょっとした誤解でネガティブな感情論の罠に陥りそうになる我々読者に、凛とした正論でのご解説、有り難うございます。

    改めて、余命爺様の ‘日本再生 宣言’ を読者・支持者の皆様が忘れないように、ご面倒ですが是非何度でも繰り返しご説法下さい。

    ~ 余命ブログは「日本再生」という 目的 を持ったブログであって論戦の場ではない。したがって目的に関係のないテーマ は 枝葉末節 として排除される。今般の慰安婦問題との関わりは、安倍総理の「日本を取り戻す」手法として使われたこと によるものだ。~

    「日本再生」という目的・大義を果たす為に、国内汚鮮・海外特亜に足を取られかねないこの難局において、余命ブログ様も安部首相も、大局を常に見据え、敢えて捨てざるを得ない部分は執着しない、という事を古くからの読者や余命ブログを熟読されている方達はご理解されているかと思います。 そして、余命ブログは「日本再生」、「日本人覚醒」という目的を達成する為に 「行動するブログ」でもあり、単なる 駆け込み相談所 ではなく、支持者の「行動」を促し、力を結集する場であると。

    過日の余命爺様の一言、「安部首相も国民が動くことを望んでいる」、ここに余命ブログや安部首相の思いが集約されていると確信しています。

    僭越ながら、読者・支持者の皆々様にも是非念頭に置いて頂きたいのですが、インフォメーション (= 単なる情報) とインテリジェンス (= 正確・豊富な収集情報をもとに、高度な分析・解析により導き出された知的価値) をしっかりと区別して認識すること。 今後、誤解、すれ違い、混乱を招かない為に必須と感じます。 余命ブログは、後者だと理解しております。

    さて爺様、今後 余命ブログ様で予定されている本格的な訴訟活動のお話を聞いて、多くの読者・サポーターの方々、胸が熱くなっていることかと思います。 満を持しての大号令、期待してお待ちしております。

    ‘余命三年時事日記’ の拡散 (=「日本人覚醒」機運の向上) の為に、twitter 公式アカウントの開設を所望致します。 twitter上での 余命ブログを取り上げる有志個人のツイートが盛り上がりを見せ、またいくつかの 2chまとめ保守系 人気サイトも twitter アカウントを並行活用している今般、本命の余命ブログの公式アカウントが開設されるという事は、愛国心ある個人を更に結集させ、また反日&在日勢力にとっても、更なる脅威になることは想像に難くありません。 開設後の運営、ツイートは、記事更新毎にタイトル、URL を出されるだけで、後はフォロワー達がどんどん盛り上げてくれるのではないでしょうか。フォロワー達からまたその周辺に情報が拡散され、うまく活用されれば、ねずみ算のように一気に拡散されるのが、twitter の最大の利点です。 すでに 余命書籍版が Amazonで凄い反響を呼んでいる事も明らかとなった今、是非ご検討をお願い致します。 日本国内の各業界が汚鮮で梗塞状況の中、外資の Amazon や twitter を活用するというのは皮肉な話かもしれませんが、現実的には反日・在日勢力の影響力・圧力も届かない聖域になっているのが幸い、活用しない手は無いかと思われます。

    1. 仏の顔三度さまへ

      おっしゃる通りです。
      余命お兄様にお任せすべきことを色々横からおっしゃるはどうかと思います。言い過ぎてはいけませんわ。
      色々な情報も有益です。

      七子より

  31. 余命殿

    初めてコメントします。

    日韓合意の賛否について、日本の汚名返上が1つのキーポイントになっているようですね。

    日本が汚名を着せられることになった元は東京裁判だと思います。
    汚名を着せた相手は、アメリカを主とした連合国。
    単純に考えて、汚名を返上するには、汚名を着せた相手を打ち負かすか、上に立つしかない。
    日本がどんなに客観的証拠を示して汚名を返上しようと世界に訴えても、日本より強い、日本より上位にある連合国が否定すれば、世界はどちらを選ぶか?
    当然連合国でしょう。
    日本の汚名が返上されるかどうかより、その国の国益が大事なのは明らかですから。

    現在の日本に連合国(アメリカ)と同等以上の力があるかどうかと言えば、明らかに否でしょう。
    だから、現在の日本政府・安倍政権に汚名返上を期待したり要求したりするのは無理難題です。
    欧米メディアは悪意を持って日本を悪者として意図的に捏造報道しているのであって、そんな相手に抗議してもただ”抗議した”でお終いで、汚名が返上されることはないでしょう。
    そんな日本政府の合意発言の文言云々について抗議するより、歴史問題に何の落ち度もない民間日本人が、この問題で誹謗中傷・いじめを受けていることに抗議し、やめさせるように言うべきだと思います。

    汚名を返上するには日本が強くなるしかない。それまでは耐え忍んで潰されないようにするしかない。
    安倍さんが第一次安倍政権で思い知ったのはそういうことではなかったかと。
    強くなって実際に日本が世界の覇権国になるか、同等以上の力を持って覇権国(アメリカ)に日本の汚名を返上させるか=アメリカに日本は悪くないと言わせるか、どちらかしかないと思います。
    そういう意味では今度の3月に、日本が何を言うかより、アメリカが何と言うか(何と言わせるか)の方が、ポイントかも知れません。

    余命ブログが行っていることは、日本を弱めている勢力の駆逐=まさに日本を強くすること、ですから、汚名返上という観点から見ても余命ブログの正当性は揺るぎないと思います。

    1. アンチレッド様

      外交、政治をこなすのが政治家の役目だという観点からすれば、ごもっともです。 極めて論理的、現実的なご説明に全面同意します。 余命ブログ様は高度な情報分析・発信の場であり、また我々の意識を高めて頂ける場でもあるところは非常に有難いですね。

      貴兄が仰るように、日本の汚名返上という課題は、現状の日米のパワーバランスや、先の大戦での敗戦国のレッテルを貼られてしまった事実等からすると、極めて困難であり、これは然るべきタイミング(日本を米欧が頼りにする程のプレゼンスを保持する) にあわせて解決するしかないのです。勿論、今後、好機に乗じてしっかりと解決すべき課題ではあります。 また、これは国民や海外の日系の方々が総出で自立的に解決に努めるべきものでもあり、政府や外務省に抗議するだけでは駄目です。

      汚名返上の好機は実際にまだ先であり、また日本国の存続・復活という課題と突き合わせて優先順位を考慮するなら、今現在真っ先に取り組むべきことは何かということが見えてくると思います。 まさしく、余命ブログ様、アンチレッド様が指摘されている「日本を弱体化・侵蝕している勢力の駆逐」に必然的に至るということですね。

      仏の顔も三度様

      twitter 活用のアイデアについては、当方も似たようなことを考えておりました。 但し、余命ブログの公式アカウントについては、余命ブログ様での負担を掛ける懸念、また余命ブログ本体は作戦司令部として前面に出ない方が得策かもしれないという点から、読者・サポーター様の中で自らブログ等を運営し、twitter フォロワーを多く抱えていらっしゃる、また熱意のひときわ強い方(々)に立候補して頂き、余命ブログ様のほうから「公認アカウント」というかたちでアナウンスして頂くのも良いかと思います。 余命ブログ自体のpv数や、アマゾンでのレビュー状況から察するに、相当のフォロワーが集まるのではないでしょうか。何と言っても情報拡散のスピード&スケールでは、群を抜いていますから、twitter は。

      余命翁様

      海外の日系の方々、現地在留邦人の方々からも、余命ブログにこんなに熱い視線が注がれているという事も実感でき、ここを訪問される皆さんが余命翁様の回答、それを支え補う余命ファンの数々のコメントにより、安倍政権の高度な政治判断や日本と日本人が最優先で取り組むべき課題や方向性を見出せたと実感します。 日韓合意問題のマスメディアによる誘導報道で多くの日本人、日系人が憤りを感じ声をあげ、そこからまた多くの人々がより意識を高められたというのは、結果的に「ケガの功名」のようにも見えますが、やはり必然的な流れなのでしょうね、実際には。 生涯で初めてです、国政・救国に参加させて頂けているなんて実感出来たのは。 余命 日本復活運動が今後、目標達成に向け拡大・爆進していくことを信じてやみません。

  32. このページに書くのは、不自然なことなのですが、
    明日からの不買運動にソフトバンクを必ずいれていただきたいのです。
    なぜなら、以前ソフトバンクのコールセンターにいたのですが、
    ①反日
    ②チョン顔
    ③反日団体(ピンク系)
    ④コンプライアンスを感じない。
    以上のことから不買運動にソフトバンクを入れてもらえませんか?

    また、第一交通産業とピットクルー株式会社は反日企業だと思います。

  33. 私は大抵My jobがoff になり、一人酒をあおり始めて、
    てげてげに、酔いが回ってきた頃にようやく我が愚脳も回転し始めてうだらうだらとオレにも言わせろ!となるような次第かな。

    済みません。
    余命氏は酒絶ちの御身であられるのにこちらはシラフじゃものが言えないたちで。

    突然ですが伊集院静氏は在日です。なかにし礼氏も・・・ いかにも。
    伊集院氏はアルケコールが彼の所謂ガソリン代わり。
    私は両氏ともに多大なるシンパシーがありますよ。
    (済みません。これも解る人には解る話ばかりで・・・)

    ところで私は文科省規定では「中卒」です。

    だから皆さん。
    「中卒」ごときが余命ブログへコメントするんじゃねえ!
    となんだか妙な雰囲気になってきていますね。

    私は東京新宿の中央公園目の前に居して16年在していました。
    歌舞伎町~ゴールデン街~2丁目とあの<カミュ>の「転落」の如く徘徊していました。

    自業自得の天罰は降り、かろうじて一命をとり止めました。

    「余命」氏のお覚悟。

    まだまだ現実を知らない皆様方も多いよね。
    私の知る某方なんですが実情は敵方からの(状況証拠からそう断じてよいかと)襲撃を受けて心身ともに深手を負わせられました。(ようです)

    みなさんまとまりましょう。
    将たる人方のお覚悟と孤独を忖度して。
    この空気を共有し、そこかしこに芽生え来る「草」よりも自由自在なる「空気」となり敵の息の根を止めてやりましょう。

    私事ですが仔細あって2年前から今は都落ちして埼玉のある街に在しています。
    (当地は韓国・中国人よりフィリピーナ系・黒人とハーフ系が多いような印象です)

    この「余命」ブログコメント欄はなぜかとても味わい深く感じています。

    すべては現「余命」氏の承認済みのコメントだものね。

    全て読ませていただいております。

    お陰様でね。

  34. 余命様

    いつも更新のたびに、大量の、かつ重要な情報をありがとうございます。
    今回の投稿も、全て余命様にお任せします。

    本日は某大先生と小生の出会いをお伝えします。
    余程のことがない限り、医局や精神科医の自宅には、沢山の製薬メーカーから無料で配付される資料があります。基本的には薬を得るための戦略でしょうが、日本の精神科医は馬鹿ばかりなので、それを疑わずに読みます。勿論、重大な副作用情報も含まれているので、読むべき資料はあるのですが、どうでも良い内容もあります。

    暫く前の事です。小生は、大多数の精神科医の同様に、やや鄙びた精神科病院で勤務していました。どこかの大先生とは違い、毎日病棟を駆け回り、どこかの大先生のように凄まじい形相で叫び続けたり、隔離室の壁に自らの大便を指で擦り付け続けたりするような精神病状態の患者たちを担当しておりました。閉鎖病棟では良くあることです。

    そんな日々では、敢えて時間を取って、製薬メーカーの担当者と面会する暇はありませんでした。他の精神科医も同様だったからでしょう、病棟から医局に戻ると、医師の机ひとつひとつに、製薬メーカーが様々なパンフレットを置いてありました。当直中や当直明けに、何気なく読んだものです。
    精神科医の興味を引く為でしょう、パンフレットでは様々な企画やコラムが定期的に掲載されていました。小生は、自分の専門でない領域の精神科医が書いた記事を読むことが多かったのです。
    そんなある日、とんでも無い記事を発見しました。

    名前だけは有名な精神科医が、
    「この人物は◯◯病であった可能性がある」
    といったような内容で、会ったこともないA氏を、勝手に病人扱いして、コラムを発表していたのです。

    小生は、「この女、馬鹿じゃないか!?」と思い、すぐにパンフレットを医局のゴミ箱に、グチャグチャに潰して捨てました。(今思えば、あれを保存しておくべきでした。今後注意します)

    その精神科医が、香山大先生だったと思います。病跡学のコラムだったように記憶しています。もしも小生の記憶違いでも、確か余命様ブログは妄想記事だったと思いますので、問題無いですね。

    病跡学自体を批判はしません。学者として綿密に研究がなされていれば、学問的価値を全否定は出来ないどう思うからです。

    小生が香山リカなる芸名女を疑ったのは、この時からでした。

    大先生に勝手に分析されていた日本人A氏は、日本の義務教育の教科書で良く採用される詩を書いた、有名な芸術家です。正しい日本人なら誰でも知っています。作品、遺品が非常に多く、A氏の地元には立派な資料館がありますし、遺族の方もいらっしゃいます。没後も良く研究されています。

    小生は、その時点で既にA氏の大ファンでした。作品集や資料集を読み込み、資料館にも行きました。小生以外の人も、食い入るように自筆の葉書などに見入っていました。

    大先生の分析では、A氏は若い頃から精神を病んでいたそうです。
    確かにそれはそうなのですが、当時は結核が多く、A氏が親しくしていた人も、結核で死亡しています。A氏の死因は結核性脳膜炎でした。

    結核は緩徐に進行することが多く、意識障害に至ることもあります。A氏は確かに精神病院への入院歴がありますが、退院したその年に永眠しています。やんちゃな頃はかなりの放蕩で、酒飲みだったそうです。

    A氏は有名なので、テレビ出演で多忙だった?大先生でも、Wikipediaを読むぐらいはしたのでしょうが、病跡学を精神科医向けの資料で展開するなら、最低限、精神科医らしい鑑別診断くらいはするべきです。A氏の生きていた時代は、現在よりも衛生状態が悪く、結核も多かった、A氏は良く飲酒し、死の少し前には痛風と診断されていた、死の直前には正気だったと言う証言もあります。
    小生の叔父は二十代で分裂病と診断され二十代で死にましたが、旧帝大の病理解剖の結果、死因は脳腫瘍でした。A氏死亡よりも、後の時代のことです。
    テレビに出ている精神科医はこの程度なのか、と思ったのですが、その時唐突にA氏の作品が頭に浮かびました。

    「朝鮮女

    朝鮮女の服の紐
    秋の風には縒れたらん
    街道を往くをりをりは
    子供の手をば無理に引き
    額顰めし汝(な)が面(おも)ぞ
    肌赤銅の乾物(ひもの)にて
    なにを思へるその顔ぞ (以下略)」 中原中也詩集 在りし日の歌より

    これは昭和10年4月頃の作品と言われています。
    戦前の日本は、日焼けして顔が真っ赤になった、干物のような朝鮮女がチマチョゴリを着て子供の手を強引に引いて、東京を歩いていても平気な、民族差別の無いノホホンとした国だった、と夭折の天才が作品を残しています。

    『同胞を「干物扱い」した日本人の天才は、憎くて憎くて仕方がないのだろう。
    大先生には、芸術家が旧漢字と平仮名の混合文をGペンで書き散らした文章は、解読困難なのかも知れない。彼の字は、どう見てもおでん文字では無い。
    ただし、これらを含めて研究するのが執筆担当者の業務かつ任務である』製薬メーカーから、執筆料を貰った筈ですし。

    小生が大先生の素性を疑った契機をお伝えしました。

    以下はご参考までに…

    医師法

    第七条  医師が、第三条に該当するときは、厚生労働大臣は、その免許を取り消す。

    2  医師が第四条各号のいずれかに該当し、又は医師としての品位を損するような行為のあつたときは、厚生労働大臣は、次に掲げる処分をすることができる。
    一  戒告
    二  三年以内の医業の停止
    三  免許の取消し
    3  前二項の規定による取消処分を受けた者(第四条第三号若しくは第四号に該当し、又は医師としての品位を損するような行為のあつた者として前項の規定による取消処分を受けた者にあつては、その処分の日から起算して五年を経過しない者を除く。)であつても、その者がその取消しの理由となつた事項に該当しなくなつたとき、その他その後の事情により再び免許を与えるのが適当であると認められるに至つたときは、再免許を与えることができる。この場合においては、第六条第一項及び第二項の規定を準用する。
    4  厚生労働大臣は、前三項に規定する処分をなすに当つては、あらかじめ、医道審議会の意見を聴かなければならない。
    5  厚生労働大臣は、第一項又は第二項の規定による免許の取消処分をしようとするときは、都道府県知事に対し、当該処分に係る者に対する意見の聴取を行うことを求め、当該意見の聴取をもつて、厚生労働大臣による聴聞に代えることができる。

    香山リカ
    北海道生まれ。札幌市内の大学病院で研修後、大学病院の医局で
    「(中塚尚子は、)次はあそこの僻地の病院だね」と言う噂を聞いて「急に不安になり」、関東に逃亡。僻地の精神病院では医師は兎も角、看護婦(当時)や患者に在日は少ない為、身バレを防ぐ目的で人口の多い東京周辺に移動する事が多い。
    父親は小樽市の産婦人科医院の院長をしていた。2010月11月9日 82歳で死亡。
    大先生は「たった半日だけの在宅介護」をした経験をもとに「看取りの作法」(祥伝社,2011年)を発表。作中では、天皇陛下とは書けても、皇后陛下とは書けない。「美智子皇后」が「話している」。
    義務教育からやり直す必要がありそうだ。

    今回も長くなりました。
    小生は、目覚めつつある精神科医らと共に、香山リカ大先生を見取ろうと思います。
    どうもありがとうございました。

    1. >日本人の医者 様
       
      ふと思ったのですが、弁護士の悪事の筆頭格に「後見人制度を悪用した横領」というのがあります。精神病棟に出入りする、あるいは営業をかける弁護士とか居たりするものですかね?
       
      医師が無理やり精神障害者に仕立て上げるということは可能でしょうか?意図的に効かない薬を使用して重篤化を図る事は可能でしょうか?
       
      柔道整復師の件も医療事業者と暴力団が組んでの犯罪です、精神科医師と弁護士が組んでいるケースがあると考えるのも、無理筋な話でない気がするのです。
       
      AZ

  35. ふっと浮かんだ不安。米国を本当に信用しても良いのか?此度もまたぞろ日韓スワップの話しを観測気球的に流されたが、不思議にも韓国側が必要ないと否定してきた。独立総合研究所社長青山氏は、日韓スワップは日本側の高官が言い出したことだと述べていた。しかも米国経由とのこと。米国を本当に信用しても良いのか?在日反日日韓断交が日本再生の一歩と得心している者にとって米国がもっとも不安である。

  36. マイナンバー制度が始まって、20日経とうとしています。
    これからは生活保護は勿論、児童手当一つ貰うにもマイナンバーが必要になります。不正行為、不正受給が炙り出されて来るでしょうが、何といっても「自治体同士の連携がマイナンバーを使って問い合わせることで簡単になる」これに尽きると思います。居住実態の特定により、様々な不正行為が発見できる様になった事は、凄まじい影響を与えるのは確実です。
    先程マスコミが、マイナンバーをまだ「受け取ることが出来ていない」人が相当数いるとかニュースで言っていましたが、本当は「受け取りを拒否している」が事実だと思います。こんなところも印象操作している様です。相当、影響が出ているのでしょう。
    普段生活していて、なかなか目に見える形で出てこないのを心配する方がいますが、当然です。ちゃんと納税して不正受給も無い一般日本人には縁の無い事ですからね。
    逆に仲間内で不正行為してきた連中にとってはまさに地獄でしょうね。大阪のヘイト条例は余命大人の仰る通り、なりふり構っていられない状況なのでしょう。まだ20日ほどしか経ってない事を考えると、さらに締め付けによる断末魔の叫びが激しさを増しそうです。

  37. いつも日本のため、ありがとうございます。
    先日、藤沢名店街の有隣堂にいきまして、余命本9冊、平置きでおいてありました。すでに5刷発行です。
    2冊追加購入しました。
    読みたいという70歳すぎの飲み友達のばあちゃんにプレゼント予定。
    1冊は、20代後輩に・・
    初回わたした本では、20代後輩はあまり反応なし。
    40代後輩は、毎日少しずつ読んでいるようで、「これ、本当なの?」と毎日質問してきますよ。
    微力ですが、無理せず拡散していきます。
    余命様も、無理せずお体ご自愛くださいませ。
    いつもいろいろ、情報をいただけること、感謝いたしたおります。

  38. 初めてコメントさせていただきます。
    余命様及びスタッフの皆様、また、コメント諸氏の方々ご苦労様です。

    JR高島屋の三省堂では、既に平積みされていました。
    私は2冊購入していたのですが、在日問題に実生活で興味を持っている友人のために一冊購入しました。

    最後に、コメント欄で幕末期のことで話題がありましたが、そのお二方に一言意見させてください。
    この欄は、日本の再生という大目的に向かって、一点に集中させていくべき事柄を提言し議論していく大切な場所です。
    直接関係のない話題は避けていただきたい。
    特に余命様への余計な負担となります。
    お気持ちはわかりますが、何卒節度をお持ちいただきますようお願いいたします。

  39. 503エラー。大量のアクセスが発生と…。

    ここに集まる皆さん、ほぼ同じような思いで心強いです。
    ハードランニング容認も辞さない人が多いのも意外でした。
    気が付いてしまうと、一刻も早くと思います。
    現在は、自民党一択ですが、そのものずばりの政党名「保守党」なんて言う政党が出来たら良いと思ってます。

  40. >慰安婦問題 安倍首相の国会答弁(2016/01/18)
    1 日韓合意事項の一つは、日韓両国政府は互いに国連等国際社会で非難・批判をしない、ということ。
    2 安倍首相は国会で答弁しただけで、国連等国際社会で非難・批判をしたわけではないし、この国会答弁は、単に、「誤解が生じている河野談話の内容を補足してその誤解を解いている」ようなもの。なので、安倍首相の国会答弁は、日韓合意事項に関して問題になるようなものではない。

    >河野談話には補足が必要
    3 日本は、韓国が言うような慰安婦強制を一度も認めたことはない。
    (日本は、河野談話発表後の記者会見での河野当時官房長官の発言まで継承しているわけではない。)
    4 単に、マスコミなどが、巧妙な報道の仕方で、「旧日本軍による」慰安婦強制があったかの如くに誤解をさせてきただけ。
    5 もっとも、河野談話では、甘言強圧を誰がしたのか、その主体(本来は、業者)が明記されていないし、事実として、当時の日本の軍法で全ての関係者が処罰された白馬事件がある。これだから、マスコミなどにつけこまれ、マスコミなどが、作為的に誤解を生じさるような報道をしてきた。
    6 なので、誤解が生じている河野談話には、補足が必要なのです。このように思います。
    (参考)
    日本政策研究センター:
    ① 慰安婦問題の核心(2013/11/28)
    http://www.seisaku-center.net/node/690
    ② 知られざる河野談話の解釈(2013/12/17)
    http://www.seisaku-center.net/node/699
    ③ 河野談話「見直しせず」発言をどう考えるか(2014/04/01)
    http://www.seisaku-center.net/node/737

  41. >反日は国ぐるみ
    1 韓国憲法の前文に「三・一運動により建立された大韓民国臨時政府の法統を継承」とあり、韓国は大韓民国臨時政府という対日テロ集団(上海爆発事件など)の精神を継承している。そして、この対日テロ集団の精神を国民に義務として継承させている。
    2 憲法にこのような規定があるので、その活動には国家予算が投入され、必然的に、反日が産業化してしまうことになる。
    3 韓国では、制憲憲法(1948年)から三・一運動により建国されたことになっている。
    史実では、
    大韓帝国→併合時代→大韓民国
    韓国では、
    大韓帝国→臨時政府→大韓民国
     このように、韓国では、史実とは異なる歴史への修正を試みている。
    4 この歴史修正を実現させためには、併合時代を全否定しなければならないから、併合条約は違法だと主張し、また、歴史教育において、日帝七奪などの捏造歴史を義務として教育している。
    これが戦後の国策として、今日に至っているし、この国策は憲法前文で担保されている。今では、韓国国民は、少なくとも反日思想家や反日活動家となってしまっている。
    5 では、韓国憲法の前文から上記文言を削除する改憲をすればよいではないか。となるかもしれませんが、改憲手続(憲法128-138)において、最終的に国民投票(有権者)により投票者の過半数の賛成が必要であり、国民が反日思想家や反日活動家となってしまっている現状からすれば、このような改憲は絶望的かと思います。
    「反日は国ぐるみ」については、このように思います。

  42. クミ ト∸ビン様
    余命翁様

    クミ ト∸ビン様、海外在住の多くの日本人・日系人の方々が「慰安婦問題」の世界での誤解について、日本の誇りを傷つけられている現状に強く心痛・憂患されている現状を知り、当方も現状打破のために余命ブログ様や余命読者様のご協力によって何か出来ないかと、考えを巡らしております。

    まずは、News U.S.ブログ様の記事より~
    [米副長官 慰安婦問題で韓国系市民団体に自制求める]
    http://www.news-us.jp/article/432767975.html
    1月18日 6時12分
    アメリカのブリンケン国務副長官は、日本と韓国が最終的な解決で合意した慰安婦問題を巡って、アメリカの韓国系市民団体の一部などが反発し、活動を続ける姿勢を示していることについて、両国の合意の精神を尊重すべきだという考えを示し、活動を自制するよう求めました。
     …中略…
    アメリカの韓国系市民団体の一部が合意に反発し、慰安婦を象徴する銅像の設置などの活動を続ける方針を示していることについて、ブリンケン副長官は「われわれは、アメリカ国内を含めすべての人たちに合意を支持するよう求めており、合意の精神に従って行動することを望む」と述べました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160118/k10010375601000.html

    アメリカ政府サイドでも、遅まきながら、在米韓国人団体の過激で姑息な活動に歯止めをかけようとする動きが顕在化し始めている、ということでしょうか。
    勿論、アメリカを始めとする諸外国における日本国・日本人の名誉を取り戻す為には、各国政府や日本政府頼みだけでは不充分だということは重々承知しています。

    さて、ホワイトハウスのホームページに設置された 請願署名システム(‘We the Pole Petition’) というものが、数年前、テキサス親父ことトニー・マラーノさんを中心に話題になりました。
    「米慰安婦像撤去を請願する」という内容だったと思われます。
    http://staff.texas-daddy.com/?eid=454

    また、最近では「なでしこアクション」という女性有志中心の社会団体等が、「慰安婦=性奴隷」ほか韓国・朝鮮人が日本を誹謗中傷し、貶める活動をやめさせるよう、同様に米国内における‘We the Pole Petition’での請願署名活動から、国連、日本政府への意見書・質問書提出など、精力的に活動されているようです。
    http://nadesiko-action.org/

    そこで、ホワイトハウスの請願署名システム(‘We the Pole Petition’) を活用した行動を、余命ブログ様のもとでも出来ないか、と考えますが、あくまでも、当方は余命ブログ様の目的・指針に沿った請願内容にするべきだと思います。
    余命ブログ様の指針に沿って、請願内容はズバリ
    「米財務省に、日本国内における以下の在日韓国人組織(…)、米合衆国における以下の在米韓国人組織(…)を速やかにテロリスト指定し、FATF制裁を実施するよう望む」。
    余命スタイルに基づき、受け身で日本の汚名返上を訴えるだけでなく、能動的に 日本国内の反日・在日勢力に加え、アメリカで騒いでいる在米韓国人組織に打撃・脅威を与える、ということです。

    日本国内において、入管集団通報・官邸メール等による反日・在日勢力の駆除が「余命軍団」にとって最重要課題でありますが、余裕があれば、海外在住日本人・日系人の方々と上手に共闘し、日本の政府官邸だけでなく、いっそ米ホワイトハウスにまで我々の声を届けてみてはどうでしょうか。
    余命読者の方々におかれては、英語に精通されている方からウェブ関連の製作スキルに富んだ方まで、各分野のエキスパートが揃っているように見受けられます。
    安倍首相は、日本国民が動くことに加え、米国が動くことにより日本政府が後押しを受け、動き易くなる流れを望まれていると察しますので、従前の他団体による請願内容とは違った、余命スタイルの内容で、ホワイトハウスを攻めてみてはどうかと思うのです。

    御一考頂ければ幸いです。

  43. >対日工作(三戦)拠点 マスコミ
    1 対日工作拠点として、在日韓国朝鮮人のコミュニティーを含む反社会的勢力(暴力団)、極左暴力集団(過激派)、法曹関係(弁護士など)、さらに「マスコミ関係」があるかと思います。
    2 慰安婦関係で、河野談話は、「甘言強圧を誰がしたのか、その主体(本来は業者なのですが)が明記されていない」不完全談話なので、補足が必要です。
    3 この河野談話に関して、従来、マスコミは「旧日本軍による慰安婦強制を認めた談話」としてきました。が、どのような強制があったのか、これついての言及はなく、ただひたすらに「旧日本軍=慰安婦強制、強制連行」を印象付けてきました。
    4 先日の国会答弁(2016年1月18日)において、安倍首相は、軍の関与について衛生上の管理をあげ、強制連行の証拠はない、と答弁されました。
    5 すると、さもあろうマスコミは、この国会答弁の意義を報道せず、韓国の反応を強調することで国会答弁の内容を希釈するような報道が多かったのではないかと思います。
    6 これは当然のことで、今までの印象操作により印象付けてきた旧日本軍のイメージと整合せず、この国会答弁の意義を強調すれば、マスコミによる今までの印象操作が露見するからでしょう。
    7 マスコミには、日本国民にとって意義ある報道をして、対日工作拠点から決別してほしいとは思いますが、そのような自浄力は期待できないでしょう。やはり、大きな外力に依存するしかないのではないかと思います。ハードランディングがどのようなものかは分かりませんが、マスコミの殲滅まであり得る状況かと思います。また、今回の慰安婦報道で、過去の報道との整合性の関係から、マスコミ(対日工作拠点)崩壊の兆しが見えたような気がします。

    弊投稿2016/01/20/2:54pm
    第5段落:韓国の改憲手続は「憲法128-130」です。訂正します。すみません。

  44.  横から失礼致します。

     「日韓が慰安婦に関して合意をした。韓国は元慰安婦の支援財団を設立し、日本が資金を拠出。日韓合同で事業を行う。」

    と言う事は、日韓合同で事業を行うのですから、財団が設立され、慰安婦が登録された後、もしくは登録される時に、慰安婦の身元・証言調査を日本が徹底的に行うということでしょう。韓国内の資料にも手を着ける事ができるってことでしょう。偽者を登録する訳にはいきませんから。その結果は日韓合同でありますから、韓国も認めた事になります。

     もしかしますと、20万人も居たと言う慰安婦への、日本政府として初めての直接調査になるのかもしれません。

     出て来る事実は、日本軍に関係がなかった、だけではないかもしれません。朝鮮半島もしくはその周辺に、朝鮮人、もしくは中国人が日本軍のふりをして性奴隷施設を作っていた、何てことも出て来るかもしれません。あくまでも例えですが。

  45. 余命 様
    御多忙中、失礼致します。何卒、御一読の程、お願い申し上げます。
    海外メディアにより日本が歪められ、捏造情報が氾濫していることがよく分かりました。
    反日連中は、日本国内の実情を海外に知られることを恐れているようです。
    4チャンで以下のスレッドを見つけました。
    http://boards.4chan.org/int/thread/53899479/
    「新聞選びには注意するべき」
    あまり興味のある人はいないかも知れないが、
    日本政府は今までに一度も“強制連行”,“性奴隷”を認めた事は無い。
    昨年末の日韓合意で日本側が認めた「軍の関与」とは「衛生管理も含め、管理、設置に関与した」ということだ。
    慰安婦の募集は民間業者が行った。朝鮮人業者が沢山いた。
    問題となっている慰安婦は、親に売られたのだ。
    しかし、意図的に“強制連行”,“性奴隷”を日本が認めた
    と“誤報”している新聞が沢山ある。騙されてはいけない。

    最後までお読み頂き、誠に有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA